• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近は日程の都合などで練習会の予定がなかなかつくれないでいるが、ピアノ指導者Tさんとは何かと会う機会もあるので、話をしたことなどを少し。

指導者Tさん自身はかなり専門的にピアノをやってきた人であり、今でも自身の勉強をしながら、演奏活動なども活発にしているが、現在教えている生徒さんには「ピアノ専門の音楽の道へ」といった人はいないとのこと。
ここ最近は生徒さんをコンクールのような場に出場を特にお勧めすることも無かったらしいが、今年になって生徒さんの複数の親御さんから
「うちの子はコンクールのようなものは無理でしょうか・・・」
といった質問を最近されたらしく、来年については指導者Tさんも考えている様子。

コンクールと言っても、とても小さな規模で出場者十数人全員に何らかの賞がもらえるものから、全国規模のものまで、年にいくつも開催されているのだが、指導者Tさんは、
「日程や課題の曲などを考えると、どうしても全国規模のあのコンクールになってしまうけど、私の今の生徒さんではきっと誰も賞なんてもらえないかもね。
でも、準備はしっかりやってそうした結果なら、別にそれでもいいと思って、来年は希望者は出場してもらおうかと。
他の先生の出場者が皆神経尖らせてピリピリしている中で、私のところの生徒さんだけ、少し場違いな雰囲気でステージにあがっても、それはそれで悪くないと思うしね」
と言っていた。

自分も、
「そんな感じでいいですよ。自分も生徒さんにそういたコンクールを薦める場合でも、
『いいホールでいいピアノで弾ける場が、1回増えるのでどうですか?』
と、そんな程度ですからね」
と、こたえてみた。

ただ、せっかくのステージの機会は大事にしてもらいたいので、来年はコンクール近くになったら、指導者Tさんのところの生徒さんと一緒に、「生徒さんの練習会」をやってみようという計画も考えている。
同じ年代の生徒さん達でお互いの演奏を近距離で聴きあうのも、刺激になっていい機会になるかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

コンクールに出る生徒さんがいらっしゃると、指導側もかなり必死になりそうなイメージですが。。
でも、人前で弾く機会、ととらえれば、コンクールって他の人たちも、それなりに真剣に練習してきてるので、とてもいい刺激を受けられそうですね。
私の場合、刺激を受けすぎそうですが(笑)

2007/12/08(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさんこんばんは!
「いいホールでピアノを弾ける場」

これ、習う側からしてみると、すごく魅力ですe-420
あと緊張感とか達成感、曲をじっくり仕上げる大切さなども学べそうですよね!

やっぱり人前で弾く機会って大事ですよね。
私事ですけど、私が張り切っていたホールでのコンサートですが
上手だけどコンクール出場までは及ばないくらいという位のレベルの高さらしくe-330
習いたての私には、来年は無理かもしれませんが
良い目標ができたので
さらにレッスン頑張ろうという気が湧いてきました!
2007/12/09(Sun) URL  | プー #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/09(Sun)  |  #[ 編集]
こんばんは~!

「いいホールでいいピアノで弾ける場」
私の場合、それに加えて発表会などは
「頑張って練習した曲を(自分なりに)知らない人に聴いてもらえる場」
と、思っています!

まあ私のヒドイ演奏を聴かされる人達には申し訳ないですけど(笑)
せっかく楽器を勉強してるなら、やっぱり聴いてもらわないと勿体無いですし。
2007/12/09(Sun) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

コンクールだと確かに必死になってしまう指導者さんも多いのでしょうが、自分はそうでもないですね。
もちろん、レッスン内容は濃い方が良いのですが、「コンクールのため」という必死さは逆効果の場合もありますから。

いろんな子供達と同じホールで演奏できるのは良い機会ではありますよね。



プーさん、こんばんは。

そうですね、ホール演奏での緊張感や達成感というのは、大切な機会だと思います。人前での演奏となると、仕上がりもより意識しますよね。

プーさんもレヴェルなんてあまり気にせずに、ホールでの演奏を目標にがんばってください。




とらいあんぐるさん、こんばんは。

そうですね、知らない人にも演奏を聴いてもらえる貴重な場でもありますよね。聴いてもらえると次へとつながっていくものですし。

ヒドイ演奏などと思わずに、自信持って堂々と弾くのがいいと思いますよ。
2007/12/09(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。