• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1回通し演奏を終えた大人の生徒さんに、
自分は、
「では、こちらのピアノで同じくどうぞ」
と、いつもは自分が弾いているほうのピアノの席へ生徒さんを誘導。

生徒さんにはショパンのワルツ9番をもう一度通して弾いてもらい、生徒さん側のピアノの椅子へ戻ってもらってから、感想を聞くと、
「やっぱり、こちら(生徒さん側)のピアノの方が、断然良いです。音自体も音の伸びも良いですし、表現の幅もとても広く演奏できて、ペダルの使い方にも工夫ができます。
そちら(自分の側)のピアノは、音の伸びも少ないですし、表現も立体感をつけて弾くのが難しいです。
弾き比べてみると違うものですね」
といった感想で、この生徒さんなりにしっかりとピアノの特徴を感じているようだ。

生徒さん側の方にそれなりのピアノ、自分の側にはかなり古いピアノを置いているので、生徒さんの感想は当然なのだが、2つを弾き比べるといろいろなことを感じてもらえるし、より考えてピアノ演奏に取り組んでもらえるきっかけにもなる。

今回のこの大人の生徒さんの場合も、
「私はいつもこちら(生徒さん側)のピアノを弾いているけれど、ピアノの持っている実力を全然引き出せていないのを、あらためて実感しました。
先生は、そちらのピアノ(自分側)で同じ曲を弾いているのに、私よりも演奏の幅も広いですから、私はこちらでもっといい演奏しなくてはいけないですね」
と言っていた。
コメント
この記事へのコメント
どんなピアノでも
モリスさん こんばんは
私のピアノもレッスンを受けている先生のピアノも製造年は異なりますがY社のC3です。私のピアノは、年に一度担当の方に任せきりで調律をしてもらっていますが、先生のピアノは、先生の要望を取り入れて念入りに年に何度か調律されています。ですので、レッスンを受けていると家で練習している時とは違う美しい響きがするのを楽器のせいにしていました。
 でも、今、モリスさんの記事を読んで、ヴェデルニコフというピアニストがひどい条件のアップライトのピアノですばらしい演奏をしたという逸話を思い出しまし、楽器のせいにしてはいけないのだと思いました。
どのようなピアノでも美しく響かせる事に挑戦してみようと思います。ピアノを弾くのが面白くなってきました。
2007/12/22(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
モリスさん こんばんは!
今日は発表会でウェーバーのロンド・ブリランテを弾いてきました!(^o^)丿

ピアノが変わると弾けなくなる…という経験は正直いっぱいあります。
僕が1番気になってしまうのは鍵盤の重さでしょうか、、
特に人前で演奏するときなんか 自分のピアノで弾けるわけではないので(僕は電子ピアノですけど…)
リハーサルもないと初めの一音までどんなタッチなのかどんな音なのかドキドキです。
今日も初めの1ページくらい探り探りで全く揃っていない演奏になってしまって、その後は立ち直りましたが…残念です。

人前で初めから堂々と弾いている人ってやっぱりすごいなぁって思います。
音量も違って、音大生の方や先生は ffはしっかり出すし(結構 打鍵が浅い人が多かったです)、
ppなのに後ろまで届くような音でした。
2007/12/22(Sat) URL  | Andante #-[ 編集]
こんばんは!

弾き比べて色々わかることや感じることってあるなあと思います。
先生のピアノ、楽器店の教室のピアノ、生徒さんのピアノ・・。
どんなピアノを弾いても、しっかりした演奏ができるようにしたいなあと思います。
2007/12/22(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

おっしゃるように、年に数回調律されているピアノのほうが良い響きのことが多いかもしれませんが、一般の家庭では年に1回ですよね。
たとえ調整の良くないピアノでも、そのピアノの最大限の能力を引き出すようなつもりで、しっかり美しく響かせる演奏をしたいものです。
古いアップライトピアノでも、素晴らしい演奏は本当にあるものですよね。



Andanteさん、こんばんは。

発表会でしたか、お疲れ様でした。
鍵盤の重さによるタッチ感の違いは、気になる方はかなり気にしますよね。最初のページが手探りのような演奏になるのも、わかります。

やはり、たくさんのピアノを経験することが、いろんなピアノにすぐに対応できることつながります。
最近は学校で弾けていますか?
練習がんばってください。



まりはんさん、こんばんは。

ピアノを弾き比べると、感じることが多いですし楽しいですよね。
素晴らしいピアノに出会うと表現もさらに広がりますし、そうでもないピアノでも何とかしようと思うものですから。

どんなピアノでも弾けることは、非常に難しいですがとても大切ですね。
2007/12/22(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。