• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年この時期に思い出すのは、かつて習いに来ていた小学生の生徒のSさんのこと。
Sさん一家はもう今は母国へ帰ってしまったが、お母さんもSさんもとても明るい方だった。

Sさんは日本語をほとんど日本人と変わらないレヴェルで会話が出来たので、自分もレッスンの時には困ることもなく、いつも楽しい会話をしながらのレッスンで、音楽への興味をとても持っている生徒さんだった。

ある年のお正月。Sさん一家は母国へ一時期帰国するのは普通だったが、この年はお父さんの仕事の都合で帰国せずに、日本でのお正月が決まっていたらしく、年末に近いレッスンの日に、Sさんは、
「1月2日は普通ならレッスンの曜日だけど、やっぱりお休みですか?今回は(母国へ)帰らないから、来てもいい?」
と言うので、自分はもちろん了解したが、それまでは自分も新年のレッスンは1月4日以降くらいから(曜日にもよるが)が普通だったので、2日からのレッスンはその年がはじめてだったと思う。

その年以降は、生徒さんの希望次第では3日からのレッスンというのは普通になったと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。