• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノを弾く人にとって、この寒さが増してくる季節に困り事と言えば、何と言っても「寒さで指が動かない」という事ではないだろうか。普段の家で練習している時でも、冷たい指先が温まるのに時間がかかるのに、レッスン先のピアノの先生の宅や、試験・発表会(この時期にクリスマスコンサートなども増えてくるでしょう)などでは、緊張もあって、指が冷たくで動かないなんてことも。

この「指が冷たくで動かない」ということに関して、自分も昔から悩まされていた。風呂上りに「今、ピアノを弾いてと言われたら、すごく弾けるのだが」なんて思ったりもする。
が、風呂上りのタイミングにミニコンサートやレッスンがあるはずもなく…ピアノを弾くときには、指は冷たくなっていて動かない。暖房やカイロなどの外部からの熱では、容易に指は温かくはならない。

しかし、このここ数年でいろいろと試した結果、指をあたためるのに効果がありそうな事がいくつかあった。

体を温めるのに効果的な、首を温める~タートルネックのセーターなどを着る。
ピアノを弾く前に、よく体を動かして温める~膝の屈伸運動や腹筋運動をする。
体を温める飲み物を飲む~梅肉エキスなどは、血液の流れを良くし、体が温まる。
といったようなことが効果的だった。

これらは、全ての人に効果があるものではないと思うが、試してみる価値はあると思う。
また、唐辛子などは、一時的には体を温めるが、一定の時間が経過すると、逆に体を冷やすらしいので気をつけたい。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。