• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1つ前の記事に書いたように、管楽器のコンクール出場者さんの伴奏をして、出場者の方は普段の実力をだいたい出せたと書いたが・・・実は結果としては、好成績というほどでもなかった。
審査講評の用紙を見せてもらったが、高く評価している審査員は半数に満たないくらいで、半数以上の審査員は普通くらいの評価。もうワンランク上の賞まで、あと一歩だった。

審査結果発表直後には、さすがに少し落ち込んでいるようにも見えた。年齢の関係もあり、来年はこの同じコンクールの同じ部門には出場はできない(と思う)。

だが、出場者さんは帰り際に、
「今日は本当にありがとうございました。結果としては少し残念でしたが、次回はきっと、こちらの部門(同じように管楽器ソロでピアノ伴奏の、今回とは異なる部門)で、挑戦してみようと思います。
その時には、またピアノ頼んでいいですか?」
と言っていたので、意欲はまだまだあるみたいだ。

自分も、
「はい、もちろん。また一緒にやりましょう」
と答えた。
コメント
この記事へのコメント
伴奏、お疲れ様でした。結果が伴わなかったのは残念ですが、それでも、次回もモリスさんを御指名されるソリストさんは、やはりモリスさんのピアノを信頼されているんでしょうね。
アンサンブルというのは本当に色々な可能性を秘めているんですね。僕も将来、子供とピアノ以外の楽器でアンサンブルをしてみたいと思います。…どちらがピアノ以外の楽器をやるのか、それはわかりませんが(笑)
2008/01/28(Mon) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

ありがとうございます。
結果は・・・この方もいい演奏をしたと思うのですが、少し残念でした。
信頼は、どうなのでしょうね。
でも、「また頼んでいいですか」と言ってくださったのは、うれしいことです。

SONBUNさんも、楽器とぜひアンサンブルを。楽しいですよ。
あと、家族連弾も良さそうですね。
2008/01/28(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。