• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次のレッスン曲を決める場合には、生徒さんの希望を聞く場合も多いが、生徒さんはピアノの曲をそれほど知らない場合も多いので、自分の方からいくかの候補曲をあげてみて、選択してもらうことも多い。
少し先にミニ発表会的なものを考えているので、先週くらいからはそれも考えて上での選曲ということになる。
小学3年生の生徒さんが曲を選んでいると、ちょうどお母さんもお迎えに来たので、人前で弾くことを前提に一緒に曲を選ぶことに。
自分は、実演も少し入れながら
「先月1曲弾いた、この曲集の中の曲は、だいたいどれも同じくらいの難易度ですから、この曲集からでしたら、あとは好みで選んでもいいですよ。
例えば、この3ページの曲などですね(少し弾く)
あとは、この2ページのワルツなども(少し弾く)かっこいいですが、どうですか?」
と生徒さんとお母さんに聞いてみる。

生徒さんは、
「先生の弾いたそのワルツ良かった!これがいいね、お母さん」
と言っているので、これであっさりと決定かと思ったが、
お母さんは、
「このワルツって、今聴いた感じでは、手もたくさん動くみたいですし、すごく難しそうですけど、大丈夫ですか?人前で弾くくらいに仕上がるとは、あまり想像できなくて・・・」
と、ちょっと弱気(?)な感じだった。

結局、本格的な選曲は次回レッスンということになったが、お母さんにしてみると、子供が実力よりも難しい曲に挑戦するのはいいが、たとえ小さな会だとしても人前で弾くとなると、仕上がり具合がどうなるのか気になる様子。
自分としては、生徒さんの実力に対して、それほど難しい曲をおすすめしているわけでもないのだが・・・さて、この生徒さんは、次回レッスンで選曲はどうなるだろうか。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

生徒さんによってはあまり曲を知らなかったり、自分にどれくらいの曲が弾けるかわからなかったりするので、色々こちらから提示してあげることって大事だなあと最近思いました。
もうすぐしたら、発表会のための選曲に入る時期なので、色々曲を探しておこうと思っています。

小さな会とはいえ、お母様にとっては心配なんでしょうね。
生徒さんが気に入った曲を選べるといいですね♪
2008/01/28(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
指導者にゆだねる勇気を
モリスさん こんばんは
お母さんのその一言 とっても もったいない気がします。
生徒さんがやる気になっていて、(モリスさんの演奏も耳に残っているでしょうし)曲集の難易度も同程度だったら、「これが良いね」の気持ち大事にしてあげたいですね。「意欲」は何にも勝る技術を向上するエネルギーだと思います。それに、お母さんの心配そうな言葉が、あとあとまで心の何処かに残っていて、不安な気持ちをひきづらせなければ良いのです。。。。お母さんの気持ちも良くわかりますが、指導者にゆだねる勇気も欲しいなっと思います。
2008/01/28(Mon) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
モリスさんこんばんは

弾くのが自分ではなく生徒ということになると難しいですよね。

全然関係ない受験での話しになりますが、男の子は無理目の学校を志望校にしても、本人のやる気次第でグングン成績が伸びますが、女の子は日々の積み重ねを大事にするのか、ちょっとの背伸びで簡単に折れる怖さがありました。人にもよると思いますけど。
余計なこととは思いつつお母さんとのやりとりで昔を思い出した次第です。
2008/01/28(Mon) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうですね、いろいろと曲を提示してあげると、生徒さんもたくさんの曲に触れることができていいみたいですよ。
指導者も普段から曲探しなどをするのも楽しいですよね。

小さい会でも、お母さんにしてみるとやはり少し心配になるものですね。



イヴォンヌさん、こんばんは。

そうですね、生徒さんがやる気があるのがとてもいいことなので、やりたいと思った曲をそのまま選曲させてあげたいものです。

でも、このお母さんの気持ちもわかりますよね。いつものレッスン曲と違って、日時の決まっている会までに弾けるのかという不安は、やはりあるものなのでしょう。



FFyusukeさん、こんばんは。

生徒さんの選曲は発表の場ということになると少し難しいものですね。

本人の気持ちと親の気持ちに少しのズレがあるところは、おっしゃるように、生徒の受験の志望校と、親の気持ちに似ている感じかもしれませんね。
2008/01/29(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
こんばんは!

多くの先生はその生徒さんにとって、無謀とも言える選曲(それも実演入りだと尚更)はしないように思いますが・・・

私の場合、それが頭で解っていても「えっ?その曲は厳しい気が」と、ひとまず思ってしまいます。
まあ実際には「解りました!やってみます!」なんて見栄張ってしまうんですけど(笑)
モリスさんが「大丈夫」と思われるのですからその方には挑戦して欲しいですね。
2008/01/30(Wed) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

そうですね、通常は生徒さんの力量と合っている曲を選ぶものですし、少しは上の難易度だとしても弾ける曲をおすすめするものですから。

少しくらい難しくても挑戦は大事なことですから、自分はどんどん弾いて欲しいですけどね。もちろん、お母さんの心配もわかりますが。

とらいあんぐるさんも、これからもどんどん挑戦してください。
2008/01/30(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。