• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人の生徒さんの中には、仕事の都合などもあって、1ヶ月に1回くらいしかレッスンに来ない方もいる。
レッスンのペースはなかなか軌道に乗りにくく、技術レヴェルも上がってきているとは言えない状況ではあるが、毎回レッスンの時には課題の曲はきちんと弾いてくる。

そんな生徒さんは、これまでのレッスンでの会話などから、ピアノは完全に自己の趣味ということで、誰にも演奏を聴かせたことはないらしく、以前に企画したレッスン室での数名規模の大人の生徒さんの練習会も参加はしなかった。

だが、一応ミニ発表会を少し先に企画していることを、文書を手渡して説明してみた。
すると、
「なるほど、面白そうですね」
と意外な反応。

もしかしたら、参加の意思があるのかと思ったら、
生徒さんは、
「この日程なら、忙しいですが、見に行けるかもしれません」
と、どうやらミニ発表会をお知らせした意味をわかっていないような感じだ。

そこで、もう一度、手渡したミニ発表会の文書について説明して、
「よろしければ、あなたも出て演奏してくださいということですよ、発表会ですから」
と言ってみると、ようやく状況を把握できたみたいで、
「えっ!あっ、そういうことなのですか。
いえいえ、とんでもないです、弾けないですから。
私は人前で弾いたことがあるのは、レッスンだけですから、他に人がいるところでなんて、絶対に弾けないですよ・・・」
と、急に慌てた様子で、どうやら不参加決定のようだ。

自身が家で弾くだけのピアノの世界というのも、悪いわけではないが、少し誰かに聴いてもらえて、他の人の演奏も聴ける場というのは、貴重な良い機会だと思うのだが。
コメント
この記事へのコメント
新たな発見の機会
こんにちは、モリスさん。大変ご無沙汰してしまいご心配をおかけしました。
さっそくコメントいただいてありがとうございました。嬉しかったのと同時に申し訳なくも思いました。

趣味として私もピアノを弾いてはいますが、再開してから習っていませんし、なかなか時間も取れない。残念ながら人前で演奏する機会もありません。
しかし、ステージというほど大げさなものでなくても、例えば家族的なイベントでの演奏機会であっても、人前で演奏するのはとても大切だと思います。上手・下手という次元ではなくて、そういう機会で演奏すると何かしら発見があるでしょうし、他の方の演奏を聴いて何か感じるところもあり、そこからいろいろと広がることもあるだろうと思います。
その方にその楽しさを知っていただければ…と思いますね。

また、今頃になってのお願いですが、私のブログでモリスさんのブログをリンクしたいのですがよろしいでしょうか?ぜひお願いいたします。
2008/02/10(Sun) URL  | musika-toto #-[ 編集]
musika-totoさん、こんにちは。

いろいろと大変そうですが、お元気みたいで安心しました。

人前での演奏の機会は、やはり大切にしたいものですよね。おっしゃるように、上手とか下手などという概念は関係なく、演奏を聴いたもらったり、他の方の聴けたりという場は、楽しいものですから。

リンクもちろん歓迎です。こちらからもリンクしておきますので、確認お願いいたします。
2008/02/10(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは。
私も人前で弾くのは大の苦手ですが(手が震えるんです~e-330
人前で弾くというのは、すごく大事だと思います!

自分だけで趣味で楽しむという前提でも
発表会のために弾き込んだり暗譜したりする事で、普段のレッスンより深く曲を追及することができますし。
披露する事でまた違った見方ができそうな気がしますね!
私もできるだけそういった機会は大事にしたいです。すごく緊張しますけど・・・e-327
2008/02/11(Mon) URL  | プー #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

わかります。人前での演奏で手が震える方はいらっしゃいますよね。

でも、おっしゃるようにしっかりと弾きこむように発表会などの人前演奏に向けて練習すると上達にも好影響ですし、自信を持って集中して弾けば、きっとそれほど極端な緊張をせずに弾けるようになると思います。
そして、自身の演奏を見つめなおす機会でもありますし、他の方の演奏に刺激を受ける機会でもありますよね。
2008/02/11(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。