• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1段階上のレベルアップを目指して、自身の現在の腕よりも少し程度が高く、適切な曲を選曲できたとしても、課題は多くあると思う。思ったよりも、弾きにくい箇所が多かったり、自分の手の動きとしっくりこなかったっり……。

そんなときも、いやな曲ではない限り、なるべく一応の仕上がりまでもっていきたい。そうしないと、現在の実力と、ちょっと上と思われる曲のレベルの差を、感じとることが出来ないからだ。
また、曲の完成度をそれほど追求する必要はないことは、以前にも述べた。難しいと感じる曲に挑戦するときは、どうしても曲の特定の箇所に練習が集中してしまいがちなので、逆に簡単なところまで手が廻らないこともある。

例として~中級程度の実力の人(毎回言うように、どの程度が中級かはわかりにくい)が、リストの「愛の夢」に挑戦しようとするとき、中間部分の「動きが多くテンポアップした箇所」に、どうしても練習の大半をあてることが多く、より簡単なはずの後半部分では、練習に身が入らないなんてことも。

そのような状況になったとしても、それほど悪いことではない。
曲の全体を通して完成度が高い方がいいに決まっているが、自身で課題となる箇所を重点的に練習することは、階段レベルアップのひとつの道でもある。
でも、あまり同じ箇所を練習しすぎると、返って指の動きがくずれてきたり、手を傷めることもあるので注意はしたい。
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。