• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、レッスン室をもっとサッパリとしたいと書いたが、少しだけ実行してみた。
ぬいぐるみの数は変動しなかったが、棚を少々整頓。
これまで少し雑然としていた箇所を、シンプルなラック(本棚のような)にして、楽譜や音楽関係の本などをそこに整理。音楽関係の本でも、日常ほとんど使用することがない本などは、別部屋に移動してみた。

部屋の2箇所くらいに分けて置いていた楽譜を、ラック1箇所に整理していた思ったことは
「持っている楽譜は、それほど多くない」
ということ。
楽譜というのは、いろいろ買って増える一方ではあるのだが、以前は役立ちそうな教本などは楽器店で見つけるとすぐに買っていたのにたいし、最近は買う前に十分に検討しているからだろうか。

それと、最近は1曲のピース版のような形で買うことは、少なくなったかもしれない。
それはモーツァルトやベートーベンなどのソナタ、ショパンのエチュードなどは、ピース版で弾く曲のみを買うよりも、ソナタ集やエチュード集などの曲集として全部を買ってしまったほうが結局は安いことになるし、一度買えばずっと使える。
また、1曲の薄いピース版は、カバンなどで出し入れをしていると、どうしても傷みやすいので、本としてきちんと製本された楽譜の方が使いやすいし、薄い楽譜は冊数が多くなると、本棚の中ではどれがどの曲なのかわかりにくく、即座に見つけ出すことができない。

それでも持ち運びに便利な1曲ピース版は以前はよく買ったし、今でも丁寧な校訂の入った1曲ものの楽譜を買うことはある。
昔の古いピース版楽譜は、買ったものや頂いたものなど20冊ほどが手元にあるが、かなり古くて年代を感じさせる楽譜も。
例えば、アンダーソン「ウォーターローの戦い」とベートーベン「エリーゼのために」は、50円。
オースティン(読み方や書き方はいろいろで、他にもオエステンやエステンなど)の「人形の夢と目覚」は、裏に大きく、定価35円と書かれている。
しかも、昔のピース版は、裏に解説が少し書かれているものが多く、その文章が硬い感じ(自分の文章のようだ)なのが面白い。

これらのピース版楽譜は、かなり汚れてきていて傷みも目だってはきたが、丁寧に扱えばまだしばらくは使えそうだ。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは
またまた数えてしまいました。私は昔のピースが9冊
最近は全く買っていません。一番古いのがリストの愛の夢で45円でした。裏に説明があるなんて、モリスさんに言われるまで全く知りませんでした。
 ところで、ピアノの先生やピアニストは皆さんいったい何冊ぐらい楽譜をお持ちなのでしょうか?
2008/02/29(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
こんばんは!

モリスさんのように、楽譜専用のラックを用意すると整頓できそうですね!
私は楽譜の整理ができてないまま、ずるずるときています☆
これからも楽譜が増えることだろうし、収納を考えておかなくてはいけないなあと思いました。

楽譜の値段から、モリスさんはおいくつだろう。。と失礼ながら想像してしまいました(笑)


2008/02/29(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

古いピース版の楽譜は、その時代を感じさせる説明書きや当時の値段を見ると面白さがあります。リストの愛の夢が45円は、かなり年代ものみたいですね。

楽譜をどれくらい持っているのかは、指導者やピアニストでも人それぞれかなり違いはありそうです。
定番物のみを手元に置くなら、30冊くらいでも指導はできそうですし、たくさん買う方や指導暦、演奏暦が相当長い方は、数百冊以上はお持ちでしょう。
自分もピース版を除いくと、200冊も無いですから、それほど多いほうではないと思いますよ。



まりはんさん、こんばんは。

楽譜はやはり1箇所にまとめて整列させたほうが見栄えもいいですし使いやすいみたいで、今回整理できて良かったと思っています。
指導をやっていると、結構なペースで増えますから、余裕を持ってスペース確保が必要ですね。

言われてみれば、年齢は今までどこにも書いていなかったようですが・・・想像にお任せしますが、まりはんさんより若いということは無いですよ。
2008/02/29(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん こんばんは
今まで数えた事も無かったのですが、この機に数えてみました。ピースを除いて120冊ほど。そのはかに、ヴァイオリンやチェロ、管楽器とのデュオが30冊ほど。あとコピ-の楽譜が何冊か。そんなに買った記憶は無いのですが、長いこと弾いているとたまるものですね。
 ところで、どんな並びでラックに入れているのでしょうか?私は以前は作曲家の年代順でしたが、今は出版社ごとで、その中は年代順にしています。春秋社と全音が圧倒的に多く、その次にヘンレ版、継いで、パデレフスキ版 でした。
2008/03/01(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

そうですね、他の楽器とのデュオ楽譜やコピー譜もありますね。それを数えるともう少しありそうです。
自分は、今回の整理では基本的には出版社ごとにして、色を揃えました。その方が幾分見栄えが良いようです。
全音は最近増えてきました、校訂がしっかりした楽譜が多く出てきたように思いますから。あと子供用曲集も。音楽之友も多いでしょうか。春秋社は意外にも2冊くらいのようです。
輸入物ではヘンレはモーツァルトとドイツもの、デュランがフランスもので。
最近は輸入版そのものよりも良い楽譜が日本版で出てくる傾向があるので、輸入版そのままを買うことは減ったように思います。
2008/03/01(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん こんにちは

私の持っている楽譜で春秋社が多いのは、小中学校の時についていた先生が春秋社推進派で(出始めた時は絶賛されていたこともあったので)そればかり買わされていました。でもその後についた先生は、春秋社をけちょんけちょんに言っていました。
 ところでデュラン社にはなぜほとんど指使いが記載されていないのでしょうか?当時は苦労しました。指使いを考察する時間が多くて辟易していましたが、今から思うと、そのおかげで、指使いが決まった後の練習が、他のものと比べるとぐっと効果的に進んでいたのかとも思います。
 ところで一つ上の「多くの方が持っていそうな」にハイドンのソナタ集が登場しないのは、ソナチネアルバムに網羅されているからでしょうか?
2008/03/02(Sun) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

そうですね、昔は春秋社が好きな先生は多かったかもしれません。今では使われることが非常に少ないとは思いますが。
デュランは、ラヴェルなどの楽譜を出していますが、基本的に作曲者の書いた楽譜そのままの原典版の姿勢だと思うので、指使いは作曲者が書いたもの以外は入っていないようです。
ハイドンは、古典の中ではモーツァルト、ベートーベンと比較すると、レッスン現場に登場する機会はやはり少ないのが現状かなと思います。
2008/03/02(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。