• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日で3月も終わりで明日から新年度。
3月のレッスン以外のピアノ関連事といえば、中旬に他のピアノ指導者さんの発表会を聞きに。
というよりも、雑用の手伝いを。
今回は本番前の準備と、進行最中に少しの手伝い、そして本番後に片付けなどをしてきた。

小学校の高学年から高校生くらいになると、個人の実力にかなり差があるので、大きな曲を弾く方とそうではない方の選曲の幅はあるのだが、初中級程度の方も演奏効果のある選曲がされていたので、プログラムとしてはうまい構成になっていたと思う。
参加人数も10人と少しと大きくない会だったが、皆さんしっかりと練習をしてきていたようで、本番の演奏に集中していたように感じた。

だが、残念だったのはピアノの状態。
2メートルと少しの大きさのピアノなので、その場所にはちょうど良い大きさのピアノだと思ったが、どう聴いても、響かないような曇っている状態で鳴っていて、特に中音域から高音域はペーン(?)と調子が悪そうな音。
確かに、このピアノはその場のみで鳴っていて、響きが遠くへ届かないような音を出すピアノではあるのだろうが、それにしてもこの状態では、弾いている生徒さん達が少々かわいそうだ。

やはり調律の問題なのだろうか、それとも弦やハンマーなどのいろいろな部分の問題だったのだろうか。
自分は、楽器についての専門知識を持っていないのでわからないが、よく使われる施設のようであるし、定期的に、そして今回のように使用前には調律師さんが来ているらしいのだが、何とかもう少し良い状態には出来ないのだろうか。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは!

発表会のお手伝い、お疲れさまでした。
私もお手伝いではないのですが、3箇所を聞きに行きました。
この時期に発表会をされる教室って多いですか?

ピアノの状態、せっかくホールで弾くのだから、生徒さんにはいい状態で弾かせてあげたいですね。。
でも、定期的に調律師さんが来られてるというのにそういう状態だと、何か別の原因でもあるのでしょうか。。??
2008/04/01(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

この時期に発表会のような企画するところは、意外にも多いかもしれませんね。夏が近くなると、コンペなどで忙しくなるので、その前にと考える指導者さんもいるのかもしれませんし、ホールなど会場がとりやすい時期とも関係していると思います。

会場のピアノがあまりに良くない状態だと、弾いている方が気の毒ですね。
調律師さんといっても、いろんな方がいるのでしょう・・・。
2008/04/01(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。