• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分には幸いなことに、大変に音楽好きの知人が身近に何人かいる。
そのうちの一人の方は、本人は何も弾かないし歌わないのだが、持っているCDは1000枚以上(数千枚だろうか?)、演奏会にもたくさん足を運ぶという音楽に好きであり、そして自分よりも遥かに音楽に詳しい。

そんな知人が最近貸してくれたCDは、アナトリー・ヴェデルニコフというピアニストのシリーズ。
正直言って名前も聞いた事がないピアニストだったが、旧ソ連時代に活躍したピアニストらしく、諸事情から海外での演奏活動は晩年のわずかな時期だったためか、日本でもそれほど知られていないピアニストらしい。
ヴェデルニコフのレパートリーは、バッハからスクリャービンなどと幅広いようで、このCDは6枚のシリーズになっている。

1枚目はバッハで、「イギリス組曲6番」は、とてもきれいな線と小気味良いリズム感で弾かれているので、この演奏を聴くと「バッハをこんな風に弾けたら気持ち良さそうだなぁ」と感じると思う。同じくバッハ「イタリア協奏曲」は明瞭な演奏で楽しさあふれているのが印象的。

2枚目以降はベートーベン。3枚目~6枚目にはシューベルト、シューマン、リスト、ドビュッシー、ラヴェル、スクリャービンなど幅広い曲が収録されている。
どの曲の演奏もなかなか品が良いので、興味がある方は一度聴いてみてはいかが?
コメント
この記事へのコメント
ヴェデルニコフ 大好きです。 
本当に奥深い演奏をする人だと思います。私はブラームスの演奏が特に好きです。
 私は、リヒテルも好きなのですが,この二人が2台ピアノで演奏したことがあるそうです。出きることならタイムマシンに乗って生でこの演奏を聴きに行きたいです。
2008/04/07(Mon) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

自分は知人にCDを借りるまで知らなかったのですが、ヴェデルニコフいいですよね。
おっしゃるように、もう亡くなってしまっていて、CDのみでしか聴けないのは残念ですが、素晴らしい演奏を残してくれたと思います。
2008/04/08(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。