• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の録音は、持ちレパートリーのドビュッシーから2曲でしたが、どちらも有名なので、これまでに弾いたことがある方、またはこれから弾いてと思っている方も多いと思うので、少しだけ解説のようなものを。

「こどもの領分」より「ゴリウォグのケークウォーク」

「こどもの領分」は、ドビュッシーの作品の中では、「前奏曲集」と並んで、演奏者の自由度が高い作品というのが自分の感覚で、「ゴリウォグ~」以外の「雪は踊っている」や「小さな羊飼い」なども、いろんな演奏の可能性があると思う。
そして、「ゴリウォグ~」に関しては、録音記事のコメント欄にも書いたように、実演ではもっとガチャガチャっとテンポアップした演奏にしても面白いし、そうすると中間部との対比が一層感じられる演奏になると思う。ただし、この曲は意外に難しくて、リズム感を崩さずに面白いような演奏にするのは、かなりしっかりとした演奏技量が必要。
低音をしっかり弾くところは思い切りよく響かせる。

自分は以前から所持している、音楽之友社の安川版を使用。
ダンパーペダルはほぼ指示どおりだが、箇所によっては幾分細かく踏みかえている。シフトペダルも楽譜指示で使用だが、箇所によっては不使用。
また、楽譜指示には無いが、2箇所でソステヌートペダルを使用しているので、この「ゴリウォグ」に関しては、ペダルは3つとも使っている。


「ベルガマスク組曲」より「月の光」

まず拍子にポイントがある。
楽譜を読む前に、曲を聴いて知ってしまっている方が多いと思うので、8分の9拍子が特に前半では崩れがちなのだが、そうした方は最初の練習段階では16分音符を基本にしっかり数える。
それが出来てから、8分音符で感じて、弾けてきたら1小節を3拍で感じて弾ければ、テンポを揺らしても適度なルバートで弾けるように思う。

自分は以前から所持している、音楽之友社の安川版を使用。
ダンパーペダルは、1ページは目は楽譜指示よりもかなり細かく踏みかえをするが、全部ペダルを上げずに半分くらいで踏み替えをしている箇所もある。
2ページ目以降は、ほぼ指示どおりだが、箇所によっては多く踏みかえ、または指示にあっても踏み変えてないで踏んだままにしているところもある。
安川版はシフトペダルの指示が他版よりも多いと思うが、今回は自分の持ちピアノを使用で、ピアノの特性を全部とは言わないが一応は把握しているつもりなので、シフトペダルは楽譜指示よりは使用は少なめ。
指使いは楽譜指示に従っていない箇所もある。また、左右のどちらの手で弾くのかも、楽譜指定とは異なる箇所が数箇所。
このような曲は、音のバランス、響きの出し方が大切で、最適に近い響きで演奏したいので、可能であれば使用ピアノの音質などに反応して、ペダルの使い方を考えたい。
コメント
この記事へのコメント
「ゴリウォグのケークウォーク」は本当に難しそうです。あの小気味良さ、軽快さ、楽しさ・・前面には出てこないところでいろいろなことが要求されそうです。

改めてペダルというのは大きなウェイトを占めているんだなと思いました。モリスさんもこんなに工夫されていらっしゃるし・・。

最近やっとピアノの音のいろんな可能性に気付き始めたのですが(遅いですね・・笑)、それにはペダルも大きな役割を果たすのでしょうね。

これからもっといろいろな音が見えるようになったらこの2曲に挑戦してみたいと思います。解説ありがとうございました。とても勉強になりました。
2008/04/24(Thu) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
モリスさんのペダルは本当に素敵だなぁ~って思います。音色がしっとりと響いているのにエッジがすごく利いているというのか、だから、輪郭がぼやけずにはっきりと心に響いてくる感じがします。
でも、こうして演奏者ご自身の解説を聴けるのは、とっても興味深いですよ。ぜひ、こうした機会をまた楽しみにしています☆
2008/04/25(Fri) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

「ゴリウォグ~」は、おっしゃるようにいろいろなことが要求される難しさはありますよね。ドビュッシーの小品は中身が濃い曲が多いです。

ペダルも、習慣的に踏むような2拍や4拍、または和声で踏みかえるペダルで弾ける曲もありますが、ドビュッシーだとそれのみでは対処できないですし、楽譜の校訂者の指示のみでもうまくいかないこともあるので、もう一工夫必要になりますよね。
2曲ともいい曲ですから、ぜひ弾いてみてください。




SONBUNさん、こんばんは。

ありがとうございます。
ピアノ演奏ではペダルは非常に大きな位置を占めていますが、それだけに難しさもありますよね。
でも、難しいということは、工夫もできて楽しいということでもあるので、ドビュッシーは弾いていて本当に楽しい曲が多いです。
また、機会があれば、こんな感じに演奏公開と簡易解説でもつけてみようと思います。
2008/04/25(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。