• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の練習の話でも。
そろそろ少し大きめの曲にでも手をつけようかと思いつつも、弾いていこうと思っている曲集や、いくつか良さそうな小品があり、きっとそれを弾いていくことになりそうだ。
レパートリーに関しては、特に最近は得意分野が狭いようにも思えるのだが、ピアノに限らず専門性の高い勉強をしようとすると、広く浅くだけではいられないものでもあるから、ある程度は仕方が無いとも言える。

だが、レッスンのための譜読みや、日々の継続的な練習としては、バロック、古典、ロマン、近現代をバランスよく弾いている(つもりだ)。

何度も登場する白髪爺さんは、かつて、
「バッハとベートーベンに軸足が無いと、結局は何を弾いても中途半端になる」
と言っていて(レッスンでは毎回のように言われていた)、
自分はそこまで極端には思ってはいないが、
それでも、生徒さんのためのレッスン力の幅の拡張と質の向上、自分の演奏力の維持向上、他のロマンや近現代などの、複雑な楽譜の曲を弾く上での耳や譜読みの力のためにも、バロックや古典の勉強は続けていこうと思っている。

つまり、「外に出す曲(人前で弾けるレパートリー曲)」の練習と、「おそらく外には出さない曲」の練習の両方を毎日するのだが、その割合は現在はちょうど半々くらいかもしれない。

例えば、自分は、モーツァルトのピアノソナタを人前で弾くことは、現在ではまずないが、それでもかなりの数をこれまでに弾いてきた。
同じように、バッハやクープラン、スカルラッティなども、人前で弾く回数は非常に少ないが、レッスンにも役立つし、練習にもとてもいいので、継続している。

と言っても、先月はいろいろな忙しさもある月であり、練習はそれほど充実していなかったので、今月は少し充実した練習をしたい。
バロックは継続的に3曲ほど、古典は1曲、ロマンは3曲、近現代も3曲。これくらいを練習の中心として、あとは初見練習的に生徒さん用の譜読みと、テクニック的な練習を少し。
だいたいこんな感じで今月はやってみる。
コメント
この記事へのコメント
バッハ
この前聴かせて頂いた「月の光」がまだ頭の中で鳴り続けています。あれほどすてきな音を出せるモリスさんでも、今尚こんなに努力されているのですから、自分はもっと、もっと・・ということですね(笑)

ベートーヴェンもひと段落しましたので、次はモリスさんお奨めのバッハに挑戦してみたいなと思っています。ベートーヴェンもまだ弾きたい曲がたくさんあるのですが、以前モリスさんの記事にあったように、異なる曲、動きにチャレンジするほうがより良い練習に、より良いベートーヴェンになる気がします。

もしバッハのインヴェンションということになった場合、途中でギブアップしないかという不安があったのですが、モリスさんの記事にあったようにシンフォニアという選択もあること、インヴェンションとシンフォニアを行ったり来たりという方法もあることを知って、少し勇気を(笑)頂きました。

以前わからなかったバッハの魅力・・・、もし次がバッハということになれば、自分の受け止め方が変わったかどうか、それも楽しみであります。

2008/05/02(Fri) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
こんばんは!!
この前「ベートーヴェンを弾きなさい」とピアノの先生ではなく音楽の先生に言われたのですが、バッハやベートーヴェンを軸に認識している人は多いですね。
僕も少なからずそう言う先入観はあります。
(バッハはともかく、ベートーヴェンはあまり弾いたことが無いので 先入観としておきます)

練習の曲数が…すばらしく多いですね(^^♪
僕も古典とロマンに分けてもらおうかなー。。
全ての曲を同時進行で練習されるのですか?
2008/05/02(Fri) URL  | Andante #-[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

先日は録音をお聴きいただきありがとうございます。
自分の場合は、努力というほどでもないですが、生徒さんのレッスンの合間の時間をうまく使って練習するようにしています。

テンペストはお疲れ様でした。
ベートーベンは素敵なソナタがたくさんありますが、バッハもいいですよ。
大曲の後ですから、バッハの魅力も一層感じられると思うので、ぜひ弾いてみてください。
「インヴェンションとシンフォニア」もいいですし、フランス組曲は弾きやすい曲も多いと思うのでおすすめです。



Andanteさん、こんばんは。

ベートーベンをどうしてたくさん弾くことが、有効なのかは、技術的にも曲の構成、音楽的にもいろいろと理由はあるのですが、いつくか弾くと感覚としても実感できると思いますから、いくつか弾いてみてもいいですよね。

練習は、基本的には全て同時進行です。仕上がりに近い曲などは、毎日は弾かないこともありますが。
でも、自分の場合は昔から長時間練習はあまりしないので、1曲が10分くらいしか弾かないことも多いですね。そうなると、1時間あれば5,6曲は練習できますから。
2008/05/02(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
こんにちは~
モリスさんの録音聴きそびれてしまいました~残念!また是非公開してくださいね~「月の光」聴きたかったなぁ・・・・・

私の先生も「バッハとベートーヴェン」はとても練習になるから1度は弾いてみた方がいいと言ってます。
最近はバロックに興味があって、どんな曲があるのか自分なりに調べたりしています。
実は、バッハ以外の作曲家ってあまり知らないんですよね・・・ラモー、クープランも最近知ったくらいなので・・・只今勉強中です。
2008/05/05(Mon) URL  | karinne #-[ 編集]
karinneさん、こんばんは。

録音の公開は諸事情により、2日間の期間だったのですよ、すみません。また機会があれば、と思います。

バロック時代の作品いいですよね。
バッハはもちろんですが、クープランなどもフレーズが不規則で面白い曲や、きれいな流れの曲もあったりと、弾いてみると楽しいですから、ぜひたくさん弾いてみてください。
インヴェンションよりも簡素な、バロック小品を集めた曲集が1冊あると、気軽に弾けて結構楽しめますよ。
2008/05/05(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。