• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ステージなど、人前で演奏する機会は、今年もあと数回はあるだろうか。
ソロで弾くとしても、もう少し先なので準備期間はまだあるのだが、候補曲の幾つかに手をつけている段階だ。
例えば、数人の集まりでの演奏会などに出演する場合、曲が完全に自由であれば、時間だけを気にすればいいので、選曲の幅は広いが、演奏会自体にテーマ性(例えば「ドイツもの」など)があれば、それに合った選曲をしておく必要がある。

そんなことを考えると、やはり現時点ではたくさんの曲を譜読みしておくのが得策だろうと、先月から連休中にかけていくつかの楽譜を購入。

1曲は近代作品。
既に楽譜は所持しているのだが、使いやすい版があるので、それをあらためて購入。実質18ページと薄いのに、1,200円は少し高いようにも思うが、実際に使ってみると、指使いやペダルがとても参考になるので使いやすい。

1曲は、ロマン派作品。
以前に、違う出版社の楽譜を持っていたのだが、使いにくいので人に差し上げたので、久しぶりに買いなおしをした。
今回は、外国版を日本の出版社がライセンス版として出しているものにしたてみたが、演奏者が使いやすいように、指使いやフレーズが丁寧に書かれている。価格も、140ページで2,400円といったところ。

1曲は、現代作品。
当然ながら著作権も残っていて、1社の輸入版しか手に入れやすい楽譜は無いようだ。
50ページほどで5,000円と、価格はどうしても高いが、この出版社は細かい音符も比較的見やすい。


こうやって見てみると、レッスンのための楽譜代よりも、やはり自身の勉強のための楽譜代の方が出費が多いように思うが、弾きたい曲のタイミングは逃さないほうがいいので、買いたい時に買っておくことにする。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは
モリスさんがブログで具体的な数値を示されると自分も数えて見るのが癖になってしまいました。(ぬいぐるみや楽譜の数等々)
今回もページ数と値段を....
 例えばある楽譜で、最近購入したものは90ページ程で2500円。全く同じ曲集でそのちょっと前に購入した楽譜は、70ページ程で正確な値段は忘れてしまいましたが、多分数千円ぐらい。以前から持っていた楽譜は、1000円。改めてみてみると随分値段の差があるものですね。私も勉強のために結構出費しているようです。
 現代ものは高いですね。私が持っているのも50ページほどで5000円弱です。
 楽譜って結構高いと思います。その値段相応の譜読みと演奏ができればきっと高くは感じないと思うのですが。。。。
 でも、楽譜を購入するとき結構ときめき感があって好きです。
2008/05/10(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
こんばんは。

私も楽譜って結構高いな、と思います。
(こだわらなければ、お手ごろなものもあるのですが)

最近は、近頃(。。ですかね?)出版されたショパンの楽譜を少しずつ買っているのですが、これがまた高いですね。。
でも、指使いなど、非常に参考になることが多いので、買うならこのエディション、と思いました。

私自身の練習について言えば、つっこんで弾きたい曲なら、高くても、楽譜にはこだわったほうが長い目でみればいいなあと思いました。

2008/05/10(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは☆
楽譜って、1冊ずつちょこちょこ買う分には気付きませんがまとめて買うと改めて高いな~と思いますねe-327

私なんかは全音ピアノピース派なので、1曲500円前後になりますよe-330
今回のベニスの舟歌も2ページなのに420円で驚きですe-263

以前雨だれをピースで弾いたときも思ったんですが
いつか他も弾くかもしれないから前奏曲集や無言歌集を思い切って買った方がいいのかとも悩むところですe-390

でも使わなかったら無駄かなぁ・・・う~ん(笑)
と楽器屋さんでいつもi-249
2008/05/10(Sat) URL  | プー #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

数字で見てみると結構面白いですよね。
楽譜のページ数と値段も本当にいろいろです。同じ曲でも出版社などによって、かなり価格差もありますし、内容も違いますから買うときには迷いますよね。
現代物は高いですし、その楽譜からどれだけ弾くのかによって、値段に対する感じ方も変わってくると思いますが、買ったのだから半分くらいは弾こうと思っています。



まりはんさん、こんばんは。

楽譜代は結構かかりますよね。
ショパンもいろいろが楽譜があって迷うところですが、おっしゃるように、長い目でみれば、ある程度信頼性のある版を購入しておくと、長く使えていいですし、勉強のためにはそれくらいの出費をしても、損ではないですよね。
バッハやドビュッシーなども、最近では質の良い校訂楽譜が日本の出版社からも出ているので、おすすめですよ。



プーさん、こんばんは。

ピース版は結局は高いわけですが、でも、おっしゃるように、1曲しか弾かないのであれば、ピース版の方が安いことになりますから、曲集にするのか迷いますね。
50曲とか100曲くらいのピアノ名曲集のような楽譜を買っておく方法もありますよ。
2008/05/11(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。