• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロマン派的な小品をレッスンしている時に、
「ここからの演奏は、どんな感じにしますか?」
と、自分がレッスン中に生徒さんに質問すると、
「ここは、前のメロディーと基本的に同じですが、少し違うので・・・」
といった返答で、曲を弾いた感じとしてはわかりかけてはいるが、前のメロディーよりも大きめに弾いているが、特に意識を持った演奏でもない様子。

こうした時は、自分も幾分丁寧に説明してみる。
「ここは前と似ているけれど、メロディーに少し変化と声部が一つ加わっていて、それを聴かせたいところ。
だから、楽譜にデュナーミクが記されていなかったら、先ほどよりもきっと強調して弾くでしょう?」
と言うと、

生徒さんも、
「はい、私も今は前のメロディーより強めに弾いてしまっていましたが・・・
・・・
楽譜見ると、ここはp(ピアノ)ですよね。
この前のメロディーはメゾフォルテだから、それより弱くなるのだから・・・」
と、考えながらも、少しずつ見えてきたようだ。

自分は、
「そう、だいたいわかったと思うけれど、強調したいところなのに、前より弱くてp(ピアノ)。
だから、メロディーと加わった1声部の変化を、p(ピアノ)の音色の中で印象深く聴こえるように強調できれば、この曲の雰囲気になりそうでしょう?
あとは、(実演を入れて)こんな感じのp(ピアノ)で弾くのか、それともp(ピアノ)でももう少しメロディーを浮き上がらせるのか、それともメロディーに新たに加わった声部を少し出すのか。
いろいろできるけれど、どういう感じに弾くにしても、p(ピアノ)で弾く中でね」
と、アドヴァイスをしてみる。

生徒さんは、
「はい、ここ重点的に弾いてきます。
それにしても、私は楽譜を見ているつもりで、しっかり見ていなかったような感じですね・・・」
と、少々苦笑していた。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん、こんばんは☆
モリスさんのレッスンは深いですね~e-420
生徒さんの自主性を大事にされてますし!

私もハッと考えさせられる内容が多々ありますi-199

2008/05/15(Thu) URL  | プー #-[ 編集]
楽譜を見て音を想像する、再現する、というのはなかなか難しいですね。

以前は楽譜は平面に・・記号の羅列のように見えていましたが、最近はぱっと見て、なんとなく凹凸感があります。多少は成長したのかもしれません(笑)

この生徒さんも、見ていながら見えなかった音の立体感というものを感じられたことでしょうね。
モリスさんはやはりすばらしい先生なんだなと思います(^_^)
2008/05/16(Fri) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
こんばんは!

すぐに答えを出すのではなく、生徒さんに考えさせ、答えを導かせるモリスさんの方針、やっぱりいいなあと思いました。

私も。。心に余裕のあるときは(^^;そうできるように心がけているのですが、時間が迫っている時など、ついついすぐに注意したりしてしまいます。

また、音は弾いてきても、音を追うのに必死なのか、強弱記号などは見れていない生徒さんが多いように思います。
2008/05/16(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

いえいえ、深いレッスンということもないですよ。
この段階の生徒さんには、基本的なことを大事にしたレッスンを心がけています。
生徒さんに、うまく伝わっているといいですけどね。



millionmiroさん、こんばんは。

楽譜から感じることは大切ですよね。
「作曲者が残したものは楽譜だけ」ということが多いですから、それをしっかり読むことが必要で、それをレッスンでうまく伝えたいと、いつも思っています。
millionmiroも、最近はレッスン曲の幅も広がってきたみたいで、これからが楽しみですね。



まりはんさん、こんばんは。

そうですね、すぐに解答のように指導するのは楽ですが、それだと生徒さんも考えずに、指導側にまかせるばかりになってしまいますからね。
でも、おっしゃるように、時間などの関係で、注意点の指導になってしまうのも、わかります。

強弱その他の記号なども、見ているようで読めていない方も多いですから、そこはやはりしっかり意識してもらうことが大事ですよね。
2008/05/16(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。