• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい生徒さんの場合には、まず何かこれまでのレパートリーやレッスンしてきた曲、練習曲なども弾いてもらい、だいたいの実力を把握したり、レッスン曲や方向性の希望なども聞いたりするが、レッスン数回をやらないと見えてこない事もある。

例えば、譜読みの速さと正確性がどれくらいあるのか。
今回の新しい生徒さんは、これまでにベートーベンやバッハやショパンなども弾いてきたというので、4ページのショパンのワルツを最初のレッスン曲としてみた。

この生徒さんがやってきた曲よりは、幾分難易度は低めだろうが、1週間でどれくらい弾いてくるかと思ったが、一応曲は通して弾いてきた。4ぺージでも似たような部分も多いので、譜読み量としては少なめだったから、ゆっくりでの通し演奏はできるようだ。

だが、譜読みミスが多い。
明らかな音の読み違いが2つ、臨時記号の見落としが2つで、計4個。そしてリズム違いが1箇所。
これは予想以上に多いし、楽譜を見ないで既に暗譜気味(楽譜を見て弾けないようだ)なので、ミスのまま指も耳も覚えてしまっている箇所もある。

自分は、レッスンで生徒さんによく言うことは、
「楽譜をしっかり見て弾くこと。ミスを覚えてしまったら、あとから直すのは結構難しいよ」
ということ。
そして、
「譜読み段階での音違いなどのミスは、できれば全く無いことが最良だけれど、それは難しいので、
1ページ~2ページくらいの曲を弾くなら、1個くらい
4ページ以上の曲を弾くなら、あっても2ページで1個くらいまで、を目標に」
としている(これでも少し甘めかもしれないが)。

もちろん、音符の多さや曲のスタイルなどによっても、譜読みミスの多さは変わってくるのだが、譜読みミスが多いことが習慣になってしまい、新しい曲を弾くたびに、レッスンで譜読みミスをたくさん修正というのは、あまり良くないだろう。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは
はい。おっしゃる通りです。
小学生の時のことを思い出します。譜読みをいい加減にしていってレッスンに持っていったところ、読み違いが多発して先生を激怒させてしまい、「こんな状態なら見てもしょうがないので帰りなさい。」と言われ涙がぼろぼろ出てしまいました。これに懲りてミスの無いように練習はするものの、ミスが無くなったかというとそうでもなく、いまだに、時には、ありえないところで(とても重要なポイントとなるところで)読み間違いをしでかして、本当に恥かしい思いをしています。真剣さが足らないのだと反省するのですが、、なのにまた、音の間違いを発覚して冷や汗しきりです。(作曲家さんにいつも謝っています。)
今度こそ、きちんと譜読みする様日々頑張ります。
2008/05/17(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
モリスさんこんばんは。

細心の注意を払い、自分では少ないほうかなと思っていたら、今日、1個指摘されました。
仕上げ間近のときにわかるとかなりショックを受けます。やはり最初が肝心なんですね。
2008/05/17(Sat) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

譜読み違い多発で、先生が激怒というのも、わかるような気がします。
自分は、激怒することは無いのですが、1ぺージに4つも5つも譜読み違いの音を弾かれると、レッスンも譜読みミス探しの状態になってしまいますよね。

その曲の調に多い臨時記号、経過音的な臨時記号なども少し意識すると、譜読みミスも減らすことができると思います。
ただ、最終的には楽譜をしっかり読んでいるのかが大事になりますよね。



FFyusukeさん、こんばんは。

仕上がりに近い曲で、譜読みミスを指摘されると、さすがにがっかりするかもしれませんが、でも1国くらいでしたら、そう気になさらずに。
自分も、仕上がりに近い曲を楽譜見ながら弾いていて「あっ、今頃ミス発見だ」と思うことありますから。
2008/05/17(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん

こんばんは!
おはずかしい話、私も譜読みミスは今でもします(^^;;
レッスン直前に「わ、ここ違うやん」と気づいてあわてたりします。

でも、間違ったまま覚えてしまうと直すのに苦労するので、出来るだけ早く気づいて直すことが大事だなあと思いました。
2008/05/17(Sat) URL  | まりはん→モリスさん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

譜読みミスは曲が音符が多い曲ですとどうしても1つや2つはあるものですが、できれば無いようにしたいものです。
おっしゃるように、間違って覚えてしまうと、直すのが大変ですから、譜読みの早い段階での確認しながら弾くことが大事ですよね。
2008/05/18(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
インベンションのトリルの音を間違えて低い音で練習しまってました・・・
それで指使いを直すのがけっこう大変でした。
レッスンまでの間が空いていたので確認が出来なくて、全くミスしてることに気が付きませんでした・・・
こういう場合に、間が空くと困りますね・・・
2008/05/19(Mon) URL  | karinne #-[ 編集]
karinneさん、こんばんは。

確かにレッスン間隔が空いてしまうと、譜読みミスをしていた場合に、そのミスの状態のままで練習してしまうと、後から大変なことになりますよね。
インヴェンションの装飾音符などは迷うものですが、もし不明なことがありましたが、自分で良ければお答えしますので、お気軽にどうぞ。
2008/05/20(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。