• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3ヶ月ほど前からレッスンに通ってきてくれる大人の生徒さんは、最初に来た時に、
「小学生の頃は習っていて、ピアノの練習ABCというやつの半分くらいまではやっていたのですが、今ではもう指も動かなくて全然弾けないので、何とか少しでも弾けるようになれれば」
とのこと。
そして、昔弾いたという曲を1曲と、最近弾いてみたというポピュラー系アレンジ曲の計2曲を弾いてもらったが・・・

生徒さんの話とは違って、結構弾けている。
曲は簡単なものだから、弾けていても当然なのだが、そういう意味ではなく、基本的な手の動きは良くてタッチ感もしっかりしているし、ピアノ演奏がしっかりと音楽の形になっている。

目標曲がいくつかあるみたいだが、どの曲も中級程度以上ですぐには少し無理なので、いろんな曲を弾きながら少しずつレヴェルアップをして行くようなレッスンに。
そこで、どんな感じの曲を弾きながれやっていきたいのか聞いてみたが、生徒さんは、
「それが、目標の曲が今すぐ無理なのは当然なのですけど、それ以外の曲をあまり知らなくて」
と言う。

そこで、自分は数冊の曲集から、この生徒さんが弾けそうな曲を実演入りで、
「この映画音楽のテーマはどうですか?
こちらの映画曲もいいですよ。
あとは最近人気の現代のクラシックピアノ曲とか?
それから・・・」
と紹介していくと、

生徒さんは、
「あの~先生、今の3曲くらいは、どれも素敵でいいと思うのですけど、いきなりそんな凄い曲、私に弾けますか?」
との質問が。

実は、ここがポイント。
大人の生徒さんにもいろいろな方がいるが、特に初級より一歩上くらいの方で、不定期なレッスン、子供の頃に弾いた教則本に対してあまりいい思い出を持っていない、などという条件が揃ってしまっている(?)方の場合には、レッスン曲の選曲が特に大事だ。

そこで、自分はこうした生徒さん用に、初級一歩上くらいで弾けて、譜読みにそれほど苦労しない、音域はある程度広めに使っていてしかも演奏効果が高い、上達のために必要な技術な少し入っている、という条件が揃っているような、映画音楽の良質アレンジ物や、クラシックピアノ曲を用意して、生徒さんと選曲作業をするようにしている。

この生徒さんも、今週のレッスンでは、2週間の練習期間で「ゴッドファーザー 愛のテーマ」のアレンジもの(2ページ)を、しっかりと弾いてきた。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

大人の方ってやっぱり曲選びが大事なんですね。
ピアノに求めているものが、子供さんの場合とは違うんだなあと思います。。

あつかましいお願いかもしれませんが、モリスさんの使っておられる中で、初級向けのいいアレンジの曲集などがあれば、教えていただきたいのですが。。
2008/06/05(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

大人の方の曲選びは工夫も大事ですよね。
特に初級くらいから中級の間くらいの方には、弾きやすくて演奏効果のあるクラシックや、ポピュラー編曲も混ぜながらもいいと思います。

アレンジものは、自分は編曲者重視で選ぶ傾向があるかもしれません。
例えば、橋本晃一氏(主にドレミ楽譜出版)のものはたくさん曲集が出ていて、初級者でも弾ける演奏効果の高いアレンジが多いと思います。
あとはもう少し弾ける方なら、Tadaomi Idogawa氏(主にデプロ)の編曲ものも使っていますよ。
2008/06/06(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
こんにちは。
初級者1歩上の技術で、聞きやすく、譜読みにそれほど苦労しなくて、演奏効果が高くて、技術的にも上達にやくだつなんて。
お買い得5点セットと勝手に思ってました。そんなのすすめられたこと過去ありませんでした。
 弾いていて楽しいお気に入りの曲を一緒に探してもらえるなんてすばらしいです。自然にピアノを弾く楽しさが味わえるのでしょうね。
2008/06/07(Sat) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
こんにちは~
先日母の家に行った時に、少々きついことを言われてしまいました。
「20年ぶりにピアノを弾く人が、いきなりショパンを弾きたいなんて10年早いわよ」ってな感じのことです。
今の自分のレベルに合ってる曲を先生に選んでもらうとか、もっと優しい曲から始めてみるとか、そうしないとレッスンに行っても上達しないし時間の無駄だと言われました。
母は私のレベルがかなりひどいと思ってるみたいで、チェンバロを弾いた感じでダメだこりゃって思ったんでしょうね~
自分もピアノの先生をしていただけに厳しいです。
実際に私のピアノを聴いてもらうしかないんでしょうけど・・・
でも、ショパン弾くのがそんなに無謀な事なんでしょうか?
一応昔の先生は私がリクエストしたわけではないですが、ショパンのマズルカ、雨だれ、子犬のワルツなど選曲してくれました。
ブランクがある大人の場合ってどうなんでしょう?
母はそんな無理なこと言ったら先生だって困るでしょうって・・・
今の先生も、基礎力をつける為にバッハを並行してやりましょうって話しになったんですけど、それを話しても納得しない様子でした。
大したレベルもないのにいきなり難曲に挑戦し、それで先生を困らせているのではと心配しているみたいです・・・
あ、なんか愚痴っぽいですね、すいません・・・
2008/06/07(Sat) URL  | karinne #-[ 編集]
FFyusukeさん、こんばんは。

そうなのです。お買い得5点セット(?)のような選曲が、特に初級者や初級者一歩上くらいの方には必要のようで、「弾ける」という実感をまずしっかり持ってもらうことが、その後にもいい影響だと思っています。
少し自信がついて中級に近づくと、少し本格的なクラシック曲にも手を出しやすくなりますしね。



karinneさん、こんばんは。

お母様は少し厳しいですね。
自分も指導者なので、お母様のおっしゃりたいことも、何となくわかります。

例えば、ワルツ7番は、まずまず仕上がりに弾くことは、それほど難しいわけでもないですよね。
しかし、拍子感、流れ、和音の絶妙なバランス、特定の音の強調、全体の構成など、いろんな要素を高い次元でまとめて上でのショパンのワルツを弾こうと思うと、かなり難しいものです。
ポイントとなってくることは、karinneがどういった目標といいますか、どれくらいのショパン演奏を目指しているのか、ということとも関係してくると思います。

バッハを並行してやって行くのは、ショパン演奏にも、基礎力にもとても良いことですし、自分もおすすめです。

お母様してみたら、バッハ以外にも、もっと基礎テクニック系の練習曲も併用したり、ショパンの前にメンデルスゾーンのような初期のロマン派の曲をしっかり練習したほうが良いというお考えなのしれませんね。

でも、自分はkarinneさんがやられているようなメニューは、結構良い感じだと思いますよ。
2008/06/07(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
ありがとうございます。
大きな楽譜屋さんに行った時に色々探してみます♪
2008/06/12(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

楽譜は特に編曲物は本当にいろいろですから、たくさん見てみると面白いですよね。
自分も、これまでに買ってもあまり使わない曲集などもありますが、時には「はずれ曲集」を買ってしまうことも勉強だと思って、数冊まとめて購入することもありますよ。
2008/06/12(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。