• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末に楽器店で、子供用の初級曲集を購入。
子供用の曲集は手元にも何冊も持っていて、増える一方だが、今回はフランスやアメリカ、現代日本の作曲家たちのピアノ曲も多く含まれている使いやすそうな初級の40曲ほどの本を。

1時間半近くをかけて、初見練習も兼ねて、この曲集の40曲を全て弾いてみた。
40曲も弾くと、使えそうな曲、そうでもない曲、中には所持している他の曲集にも掲載されていて重複している曲などさまざまだが、いろんなタイプの曲がある。

そして、この初級曲集の40曲を弾いて他に感じたことは・・

1冊をまるごと全部弾くいうのは、意外に少ないので、面白い経験でもある。
1曲または2曲くらいのピース版のようあ楽譜でもない限り、数十ページの楽譜集をまるごと1冊弾くというのは、初級の教本から中級の練習曲集くらいまでならあると思うが、その他にはあまり無いかもしれない。
自分も、さきほど楽譜の棚を眺めてみたが、一応まるごと全部弾いた楽譜本は、ピース版系やテクニック練習曲系を除くと、やはりとても少ないようだ。

もう一つ、初級で弾ける曲集といっても、40曲もあると、初見で完璧には弾けない曲も数曲あった。
これは、自分の初見能力不足のせいなのだが、特に最近の初級曲は、中には変拍子や曲、頻繁な転調、斬新な和音、鍵盤を幅広く使う曲などいろいろな曲があり、数分練習すれば弾ける曲でも、初見で完璧に弾くことが難しい曲もあるので、良い初見練習でもあった。

自分の場合は、生徒さんのレッスンのための選曲候補譜読みとして、子供用曲集を弾くのだが、指導者ではない方も、いつもの練習のメニューから時には離れて、気分転換に子供用曲集を弾いてみるのも楽しいので、いかがだろうか。
コメント
この記事へのコメント
今時の曲
今度の夏の小発表会で連弾をするのですが、その曲はクラシックではなくちょっとラテン系の楽しい曲です。

ベースの動き(伴奏の左手)が全く違います(笑)
どんな音で弾くかということはクラシックの応用が利くとしても、あのリズム感は別物ですね~。リズムのつぼを探るというか、感覚を新たにする必要があるようです。

いつものピアノとはまた違った一面を見ているようでとてもおもしろいです。ピアノは本当に万能な楽器だなと思います。

以前チェルニー100番が終った時(・・と言っても半分の61番まで、しかも後半は数曲飛ばしたのですけれど・・)1番から順番にレッスンした曲を弾いていったことがあります。時間にすると1時間半ぐらいだったでしょうか・・。

この100番は1年かかったのですが、その1年がたった1時間半で終ってしまう・・その事実が非常に衝撃でした(笑)しかし考えてみれば当たり前のことですよね。いつも何分かの曲を何ヶ月もかけて練習しているのですから。ただその事実に気が付いていなかったのですね(笑)

余裕ができたらまたいろいろな曲にも挑戦してみたいと思います(^_^)
2008/06/12(Thu) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
こんばんは。
曲集全曲制覇、というのは自信になる部分がありますよね。
(と書きつつ私は未経験だったりしますが)

当面はインベンションとシンフォニアを諦めないで続けようと思います。
あ、ツェルニーもです(笑)
とはいえ上記は簡単には終わらないので、かなり簡単な曲集を弾いてみようかな?
と記事を読んで思いました!
2008/06/12(Thu) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
こんばんは!

先日、子供向け曲集を買いました。
一つはグルリットのものでとても弾きやすく、一つはバルトークで楽しい感じでかなり雰囲気が違いました。
でも、簡単な曲でも、全部一気に弾くのは大変ですね。。

私には、初見の練習になっていいなと思います。
本当に初めて弾くときにきっちり弾くのは意外と難しいなあと思いました。
2008/06/12(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

以前に弾いた練習曲を弾くと、ツェルニー100番くらいだと、復習もしやすいでしょうから、1年分が1時間少しにもなりそうですね。

ラテン系の曲ですか、自分も好きですよ。
リズム感と響きが、ピアノを生かすような曲も多いので、自分も以前に少しだけ集中的にラテン系のピアノ曲を弾きました。「エル・チョクロ」や「ラ・クンパルシータ」とか、あとはピアソラなどが入った曲集も数冊持っていて、時々遊び弾きしています。




とらいあんぐるさん、こんばんは。

そうなのです、曲集の全曲制覇というのは、ピアノ暦がある程度長い方などでも、意外に未経験だったりしますよね。
おっしゃるように、「インヴェンションとシンフォニア」や「ツェルニー30」などは、全曲制覇されている方は多くても、時間はかかるのが普通ですよね。
何か薄い小品集などなら、全曲が比較的取り組みやすいかもしれません。



まりはんさん、こちらにもありがとうございます。

グルリットいいですよね。簡素で弾きやすくていい曲集が多いです。
バルトークも最近は取り入れる指導者さんは多くなりましたね。

全曲弾きは大変ですが、初見練習の日だと思って弾くと、子供用の初級曲集なら1時間~2時間くらいで弾けることもあります。
やはり、少しでも弾いておくと、レッスンでの生徒さんと選曲する時でも、選択肢が広くていいみたいですから、時間のある時に曲集の全曲弾きをやってみるといいですよね。
2008/06/13(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。