• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それほど集中的にたくさん弾いたことがない作曲家は、実は聴くのは結構好きな場合もある。
自分にとって、その一人はブラームスだろうか。

もちろん、ブラームスをと言えば最初に弾くことが多い「2つのラプソディー」は弾いたし、「間奏曲(Intermezzo)」などからいつくかを遊びの譜読み程度に弾いたりしてレッスンでも使うが、いつかは集中的に取り組んでみようかとは思っているが、現在のところは未定状態。

だが、聴くのは好きなので、おすすめ盤を1枚。
以前はルプーのブラームスも好きだったのだが、今回のおすすめは定番どころかもしれないが、グールドを。

グールドの弾くブラームスの間奏曲に漂っている雰囲気は、やはり少し異質な感じはする。
だが、それは風変わりといったようなものではなくて、ブラームスの間奏曲の美しさの本質を、そのまま出しているような演奏とでもいうようなピアノ演奏。
特に、Op117-2などはなんとも言えないような世界を持っている。

グールドのバッハやモーツァルト演奏というのは、一般的に参考になりにくいとはよく言われるが、このブラームスの間奏曲に限っては、参考にするために聴いても良いと感じる。
このCDには、「2つのラプソディー」の2番も入っているが、これも通常よりも少し遅めのテンポでありながら、進むような力を感じる演奏で、この曲を弾く人も聴いてみるといいかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
ブラームス
ブラームスの曲をあまり知らないのですが、ブログで知り合った方々には絶大な人気のようです。

グールドのブラームス・・実はインヴェンションのCDを注文した時に、グールドのブラームス間奏曲集も一緒に注文したのです。たぶん、どこかでお薦めだと書いてあったのだと思うのですが・・。

ところが、Amazon側の入手困難という理由でキャンセルとなってしまいました。ガーン・・v-356
モリスさんお薦めならぜひ欲しかったです・・。

図書館でグールドの発言集という本を借りて読んでいたのですが、楽譜どおり弾かない理由について、作曲家が気付いていない曲の良さを引き出しているんだ、というようなことが書いてありました。

音楽的な難しいことはわからないのですが、彼は彼のいいと思う音楽を貫いた人で、それに対しては賛否両論あって、そしてその中でブラームスはそのやり方がマッチした作曲家だったのかもしれません。

また、機会があれば聴いてみたいです(^_^)
2008/07/04(Fri) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
モリスさん こんばんは
私、かなり前にグールドのブラームスを聴いた事があったのですが(ピアノの先生にお借りして)、「2つのラプソディー」の2番は記憶に残っているのですが、間奏曲の記憶が全くありません。また聴いてみたいです。
 実は私、ブラームスもグールドも好きです。ブラームスは弾くのも聴くのも好きで、間奏曲のなかでもOp117が特に好きです。
 最近私の周りでグールドが話題にあがる事が多くて、この二週間でモリスさんで4人目です。ちょっと不思議な気分です。最近TVでも取り上げていたし。
2008/07/04(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

グールドのブラームスも注文されていたのですか。入荷しないということが、アマゾンでもあるのですね。

グールドというとまずバッハが、特にゴールドベルク変奏曲などは代表的な演奏ですが、ブラームスもなかなか良いので、機会があればぜひ。

ブラームスは人気あるのですね。
弾くなら、「2つのラプソディー」の2番がやはり最初は多いと思いますし、おすすめです。



イヴォンヌさん、こんばんは。

グールドの弾くブラームスの間奏曲いいですよ。
バッハなどももちろんいいのですが、グールドのピアノ音楽の世界観は、もしかしたらブラームスの方が感じやすいかもしれません。

グールドは今年は注目されているのでしょうか。
今でも根強い人気ですよね。
2008/07/04(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
偶然
グールドのブラームス、聴いた事あります。
ラプソディ2番を弾いた時に、たまたまグールドの演奏を選びました。
(本当に偶然なんですが)

グールドというと変人(超人?)という噂のような話を聴いていたので、
CDを購入する時に迷ったのですが、聴いてみると奇をてらっているような感じでもなく、
素直にブラームスの良さを感じる演奏でした!
晩年の録音だから?なんて思いながら聴いてました。

モーツァルトなんかは相当独特だと聞いているので(笑)
2008/07/05(Sat) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

そうですね、グールドというと変人的なところや、少し異質な演奏がクローズアップされることも多いのですが、ブラームスに関してはおっしゃるように、素直にブラームスの良さを引き出している演奏のように思います。
モーツァルトは、そうですね、好みが分かれそうでもあります。
2008/07/05(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。