• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまり予想もしていなかったバッハのリクエストに対し、何を弾こうかと楽譜を開いてみたり、手持ちのCDを聴いてみたりもしてみるが、絞るとなると結構迷ってしまうもの。

そこで、ここは自分の友人の音楽知識人さんの力を借りることにする。
ここにも何度か書いているが、この音楽知識人さんは、CDなどの録音物の所持数は軽く1000枚は越えていて、特にバロック期の音楽のコレクションは充実している。
当然ながら、バロック音楽に非常に幅広い知識を持っていて、室内楽やオペラにも詳しく、自分などは全く及ばないが、音楽知識人さん本人は何も演奏はできない。

だが、演奏しないで聴くこと専門の方の、音楽に対する見方(聴き方)というのもなかなか興味深いものがあって、いつも楽しくてためになる話を聞かせてくれる。
今回も、自分が、
「バッハと言われたので、何かおすすめのCDでも貸してください」
と頼んでみると、

「はい、この全集。ほとんど全部の鍵盤作品が入っているから、時にはこれを集中的に聴くのもいいよ。弾いているのも、皆さんお馴染みの巨匠だしね」
と、翌日にはすぐに届けてくれた。

音楽知識人さんから借りたのは、小学館のバッハ全集の一部。
非常に膨大な量なので、今回は鍵盤作品の部分だけをお借りしたが、ピノック演奏やギルバート演奏のチェンバロや、カークパトリック演奏のクラビコードなどで、インヴェンションとフィンフォニアから、組曲系や平均律、変奏曲や小作品まで、バッハのほとんどの鍵盤作品が網羅されている(この全集を全て揃えると、かなりの値段だと思う)。

ピアノで弾くバッハが自分はもちろん好きなのだが、選曲の時などはこうしたチェンバロの全集を聴くのも面白い。
じっくりとたくさん聴いて、心から弾きたい曲を選んでみよう。
コメント
この記事へのコメント
バッハ
リクエストをした一人として責任を感じつつ(笑)読ませて頂きました。

全集ですか。。聴くだけでも膨大な時間をとられそうですね。申し訳ないような・・(笑)

どの曲を選ばれるのか楽しみです。
心から弾きたい曲・・どの曲になるのでしょうか(^_^)
2008/07/15(Tue) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

いえいえ、リクエストはうれしいことですし、良い機会なので、バッハのチェンバロとクラビコードでの演奏に浸りながら、いろいろ考えている最中です。
この小学館のバッハ全集は、とても充実しているものらしいです。今回お借りしたのは、その一部なのですが、バッハの鍵盤作品をまとめてじっくり聴けるのはうれしいですね。
楽譜と一緒に聴きながら、選曲してみようと思います。
2008/07/15(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。