• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夜中に、伴奏譜整理を少ししてみた。
器楽や歌の伴奏譜などは、演奏者の持っている楽譜をコピーでいただくことも多いが、コピー譜の整理というのは結構面倒なもの。

これまでの物は、一応は全てファイリングして保存はしているが、以前はきちんと整理していたつもりだが、次第に順番も何も無くなりつつある。
おそらく、もう二度と弾かないような伴奏譜も、まさか捨ててしまうわけにもいかないだろう(捨ててしまっても、また同じ曲を伴奏する場合でも、結局は新しいコピー譜をいただいて使うので支障は無いのだが)。

今回の大まかな整理では、伴奏譜を歌系と器楽系に分けてみた。
以前にも分けてファイルしていたつもりだったが、いつの間にか少しずつ混ざってきていたので、わかりやすいように整理。
いろいろと見ているうちに、
「この曲の伴奏は難しかった」とか
「これはいい曲だった」
「この曲は、本番で一瞬楽譜を見失ってあせった・・」
など、いろいろ思い出されて面白かった。

伴奏なのに、弾いていて心地よかったのは、かなり昔に弾いたベッリーニ作曲の声楽の伴奏。
流れがとても良いベッリーニの旋律を、うまく支えるようにピアノは弾くのだが、時には結構弾いて盛り上げて弾くところもあって、緊張感がありながらも楽しめる曲だった。
そういえば、ショパンもベッリーニのオペラを良く見に行っていたそうだから、メロディーの流れの良さというのは、直接的には似ていなくても、どこか共通するようなものがあるのかもしれない。

難しかった伴奏は、いくつも。
特に近現代曲作品で、オーケストラの部分をピアノ譜にしたような曲、しかも打楽器伴奏だと、本番でも合っているのか不明な時もあった。
その曲を弾くことは、きっともうないだろうが、この楽譜も一応保存はしておくことにしよう。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

最近、整理されてることが多いですね(笑)
きっとモリスさんくらいの方になると、楽譜がたくさんあって整理が大変なんだろうなあと思いました。(私の楽譜ですらすぐぐちゃぐちゃになるのに)

下の記事ですが、私の勝手なモリスさんのイメージは近代モノとかリズムのややこしい曲もかっこよく弾いてそうな感じです。
エスプリの効いた感じでしょうか?

もし、ショパンならスケルツオとかかしら。。
すみません、勝手に色々想像を書きたくってしまいました(笑)
2008/07/23(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

自分は、整理するのが結構好きなのですね。特別にきれい好きというほどではないのですが。
それでも、楽譜や音楽関連の本などは、まだ1箇所に整理できていないので、また時々整理ですね。

イメージどうでしょうね・・・。
確かに近現代物は好きですが、もちろんロマン派も弾きます。
ただ、しっとり系のロマン派はあまり人前で弾くことがないので、直接の知り合いの方には、そうした曲を弾くイメージが無いのかもしれませんね。
2008/07/23(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
打楽器の伴奏・・やっぱりいろいろな舞台を経験されていらっしゃるんですね。
本番で合っているか不明・・というのを読んで、なんだかその場面を想像してしまいました。
でもモリスさんは冷静沈着に伴奏されていたのでしょうね、きっと。
2008/07/25(Fri) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

打楽器の伴奏というのは、結構面白いものではあるのですが、不思議な感じでもあります。
本番では冷静と言うのか・・・合っていなくても、きっと聴いている側もあまりわからないだろうと、半分開き直りですね・・いえ、最低限は合っていたとは思いますが。
2008/07/25(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。