• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンクさせていただいている方のブログで、「CD3枚以上を持っているピアニスト」という記事があったので、自分も影響を受けて書いてみる。
ただ、全員書くとおそらく長くなってしまうので、数人にしておく。

パスカル・ロジェ

ドビュッシーやリスト、ラヴェルなどを弾くフランスのピアニスト。
彼のドビュッシーは繊細さとピアノの鳴りを併せ持っていて好感の持てる演奏。
リストやラヴェルの難曲の録音でも、難曲とそれほど感じさせないようなところがお洒落。



ヴィルヘルム・バックハウス

自分も昔はテンペストのLPはよく聴いた。
参考にするというよりは、「これがベートーベン」というイメージが、長期間残っていたかもしれない。
ベートーベンを弾かれる方は、「悲愴」や「月光」などが入ったソナタ集のCDを、お持ちの方もかなり多いと思う。



アリシア・デ・ラローチャ

昔はこのラローチャくらいしか、スペインものの録音が見当たらなかったように思う。
アルベニスの演奏が特に冴えのある響きだと思うが、グラナドスなどはラローチャ以外の演奏が最近は好きかもれない。
スペイン物以外のCDも持っていて、特にシューベルトが良いように思う。


といった感じで、今回は3枚以上CDを持っている(LPを含む)、3名の名ピアニストさんのCDをあげてみた。
いろいろ書いているが、どのピアニストも素晴らしい演奏なので、機会があれば聴いてみてはいかがでしょう。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~。
ロジェのラヴェルは聴いた事があります!
私もモリスさんが書かれているような印象です。
あっさりって訳じゃないんですけど、余裕(?)そう?
殆ど聴いた事が無かったラヴェルってこんなに素敵で凄い曲書いたんだな~、と思わせてくれた演奏です。
「ラヴェルなら誰が?」と聞かれたらこの人をオススメしてます。
2008/09/08(Mon) URL  | とらいあんぐる #-[ 編集]
ラローチャさんは、以前読んだ本で「スペインの至宝」と書かれていました。とてもいいことを言われていたので名前よくを覚えています。

ラローチャさんのシューベルト、You Tubeで探したのですが「軍隊行進曲」しか見つかりませんでした(^^ゞ
即興曲の演奏があればぜひ聴いてみたいです(^_^)
2008/09/09(Tue) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
とらいあんぐるさん、こんばんは。

今回の記事は、とらいあんぐるさんの記事を参考に、自分も書いてみました。

ロジェのラヴェルはいいですよね。曲によっては、ほのかにロマン的にしていて、でもやりすぎでも感じで洗練されていると思います。
自分も、他の演奏者のラヴェルのCDも持っているのですが、やはりロジェがおすすめです。



millionmiroさん、こんばんは。

ラローチャでスペイン物は、定番中の定番ですから、おすすめです。グラナドスなどは弾きやすい曲も結構ありますから、参考にもなると思います。

そして、ラローチャはシューベルトとかシューマン、メンデルスゾーンなどもいいですので、機会があれば聴いてみてくださいね。
2008/09/09(Tue) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。