• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段は想定外の経路から紹介があった小学6年生の生徒さんのレッスンだが、以下のような持ち曲で、少しずつ本格的に始まった。

既に書いたように従来から使っていた本の2冊は継続で、テクニック系の本とバロック系教本。
そこに、生徒さんの希望曲としてショパンのワルツ9番。
自分のおすすめの小曲を1曲(今回は1ページの現代的な曲)。
学校で合唱の伴奏をするらしく、その曲。
といった、5つの持ち曲となる。

譜読みの力や、曲が仕上がっていく過程なども少しずつ把握しながらのレッスンだが、いつくかのことがわかってきた。
その1つは、譜読みのスピードはまずまずなのだが、譜読みミスが少し多いということ。
音違いもそうなのだが、リズム違いもある。

ピアノ暦が7年ということから考えると、少し意外な感じでもあるが、最初に来た時から予兆はあった。
最初のレッスン時に、前の先生のところでレッスンされた曲を弾いてもらったのだが、どれも明らかに違う音を弾いている箇所があったからだ。

はじめは、以前の曲だから忘れてしまっているのかとも思ったが、弾いている様子を見ているとそうでもないようで、明らかに譜読みミス状態で暗譜してしまっている。

実は、このような状態については、生徒さんのお母さんもわかっているようで、
「そうなのです。
前の先生は、この子が譜読みをミスしていても、気がつかないこと多くて・・・。
教本や練習曲が簡単だった頃は、私が家で見ていたのですが、だんだん難しくなってくると、チェックできないことも多くなってきて・・・私自身は、ピアノを習ったことがないですから・・・」
といったお話だった。

生徒さんの譜読みミスに気がつかないことは、自分もそうだが、どんな指導者でも時々あると思う。
だが、いつもミスを見逃していたら、正確な譜読みの習慣を生徒さんが持つことが、難しくなる。

この生徒さの譜読み精度も、少しずつ上げていくようにレッスンしていく必要があるが、それを考えると、はじめのうちは、持ち曲は3曲くらいでも良かったのかもしれない。
それでも、生徒さんに
「5曲は多くない?大丈夫?」
と聞くと、
「はい、大丈夫です」
と言っていたので、一応はこの持ち曲5つでやっていくことになった。
コメント
この記事へのコメント
譜読みのミスが多いというのはどういう原因からくるのでしょう。

自分の場合は、臨時記号を忘れたり、3度(線1本分ですね)ずれていたり、ということが多いです。

5曲も大変そうですが、本人にやる気があるのと、今まで弾かせてもらえなかった曲が弾ける環境になったので、ぜひがんばって欲しいと思います(^_^)
2008/10/18(Sat) URL  | millionmiro #zaLmB86M[ 編集]
こんばんは!

生徒さんの譜読みミス。。
暗譜するまでミスのままというのは問題ですね☆

私も譜読みミスは時々します☆
大体は決まって曲の最後数小節に起こります。。
明らかに「あ~これで終りだ~」と、気を抜いてる証拠です(笑・・)

指導者にこそ、正確な譜読みや、音色など、色んな意味での聴力の良さというのが求められると思います。
2008/10/18(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
millionmiroさん、こんばんは。

そうですね、譜読みミスの原因というのは、どこにあるのでしょうか。
この生徒さんが、millionmiroさんがおっしゃるように、臨時記号と音の3度違いが多いです感じです。
一応、譜読みミスを少なくする小さな目標のようなものも設定してみたので、今後は少しずつ改善してくれると期待はしていますし、好きな曲も入れて5曲でがんばってくれていますよ。




まりはんさん、こんばんは。

そうですね、暗譜の状況になってもミスというか、前の指導者も気がつかない状態だったらしいので、この生徒さんも少し不運だったようです。

おっしゃるように、指導者にこそ正確な譜読みが必要ですよね。それには、単純に楽譜の音をおっていくだけではなく、楽典や基本的な和声学、楽式論なども必要ですし、何より常にたくさん譜読みをして、たくさん弾くことが必要になってくるものですね。
2008/10/18(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!
もったいないですね…e-330
間違えたまま暗譜してしまうと、クセになってしまっていて
直すのがまっさらの状態と違って大変ですよねe-327

私は、独学で弾いていた『エリーゼのために』を2か所くらい譜読み間違いしていて(15年くらい間違ったままでしたw)きちんと先生が指摘してくれましたが
やはり直すの大変でしたe-330

この生徒さんも、ひとつひとつ癖を直して正確に曲を弾けるようになったら
きっと今まで以上にピアノが楽しくなると思いますi-179
2008/10/21(Tue) URL  | プー #-[ 編集]
プーさん、こんばんは。

そうですね、譜読みミスのまま暗譜してしまうことは、初級者には結構あることですが、この生徒さんのピアノ歴を考えると、もう少し早くに正確な譜読みの習慣をつけるべきだったとは思います。

プーさんの15年くらい間違ったままの「エリーゼのために」というのも、凄いですが・・でも、そういうこともありますよね。
2008/10/22(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。