• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界的に有名だと言われる欧州のピアノデュオ(自分は知らなかったが)の演奏会を聴きに。

事前に
「以前にこのデュオを聴いたけど・・・思ったほどでもね・・・」
という話を、どこからか聞かせされてしまったので、正直あまり期待はしていなかったが、知人の付き合いで行ってきた。

演奏は・・・
全体的になかなかの好演だった。
連弾や2台ピアノ奏者に時々あるような、実は1人が技術的に少し弱いような印象も、今回のこのディオに関してはほとんどないようであり、2台ピアノでの高い次元でのアンサンブル力は、自在風な流れもつくりだしている。

ただ、一緒に行った知人も言っていたし、自分も感じたことだが、できれば2人のバランスとしては、もう少し第1ピアノさんに迫力があった方が、良かったとは思う。
これは、第2ピアノさんの方が、幾分演奏力に余裕があり、鳴りが良いように感じられたためでもあるが、これも2台ピアノでは時々あることであり、一概に第2ピアノが抑えれば良いということではないので難しい。
また、聞いたところによると、このデュオは第1ピアノと第2ピアノは、入れ替わることはないらしいとのことだった。

それでも、2台ピアノの定番クラシック曲と、エンターテイメント性のある独自編曲などの工夫されたプログラムによる、最高級さん2台ピアノのデュオは、特にプログラムの中盤以降は、充実した演奏が続いて楽しめた。

やはり、次に練習会企画などをやるならば、2台ピアノではなくても、連弾はやってみたいと思う。
ブラームスやドボルジャークなどの定番ものでもいいし、プーランクというのもありだろうか。
もっと簡単な普段のレッスンで使うようなディアベリやグルリットでもそれなりに楽しいなどと、いろいろと考え中。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~。
去年に初めて連弾をしたのですが 独奏しか経験がなかったのであわせるのに本当に苦労しました。
今回オーボエの伴奏もしましたがこちらもなかなか苦労の連続で 自分のアンサンブル力の無さが分かりましたが、これらの経験で学べたことがいっぱいあるので、大変でもまた機会があればやりたいと思っています。
それに独奏は好きだけど それとは別な楽しさがあります!(伴奏だけというのはあまり…ですが←)

またやるかもしれないのですね!!
年齢的にも(また行われるなら)大学生になってから参加したいなと思っていましたが、父親が東京にいるので可能なら参加してみたいなと思ったりしています(^_^;)
2008/11/10(Mon) URL  | Andante #-[ 編集]
Andanteさん、こんばんは。

連弾は楽しいですよね。
ピアノはソロ演奏が普段のレッスンなどでも大半ですが、時には連弾を入れると喜んでくれる生徒さんも多いです。

オーボエの伴奏は、あの音色にピアノも対等くらいの音色で合わせていくのは、少し難しいですよね。

練習会企画は、まだ未定ですが、そのうち良さそうな日程を考えて、またやってみたいと思っていますので、その時にはぜひご参加を検討お願いします。
2008/11/10(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。