• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前のある時に、生徒さんから、
「こういう風に、曲を解釈していくものなのですね」
との言葉が出てきて、自分は一瞬返答に困ってしまった。

この生徒さんは中学生2年生で、自分のところには、親の転勤で昨年になって来た生徒さん。
ピアノ歴は結構長いので、悪くないテクニックも持っていて、少し大きい曲もそれなりに弾けていた。
だが、1つのフレーズをきれいに弾くことや、音楽の大きな流れをつかむことなどが、楽譜から出来ていないので、シンプルな曲でも、時には雑然とした演奏になってしまうこともあった。

そこで、レッスンでは楽譜の基本的な読み方なども入れて、拍子から判断する弾き方、基本的な曲の形式や様式、より重点を置く音、一般的に軽く弾くことが多い音形、メロディーでよく使われる歌い方、和音の構造と響きのバランスなど、その他にも基本的なことに中心に、レッスンしていた。

そして、ある時に生徒さんが言っていたのが、冒頭の「解釈」。
だが自分は、
「いや、これは『解釈』なんていうものではなくて、楽譜を読んで、それを音にする時の、基本的なことを言っているだけですよ。
作曲家の個人のこととか、作曲された時の当時の背景とか、曲名から受ける印象とか、曲の元になった詩とか、いろいろありますよね。
でも、それらよりも、まず作曲家の残した楽譜を、しっかり読めて音にする基本的な力をつけることが、そして、読んだ楽譜から感じて弾けることが、あなたには今一番必要なことだと思うので、それをレッスンでやっていますよ」
というようなことを言ったのだが、
生徒さんは、
「はぁ・・・なるほど・・・」
といった返事で、当時は生徒さんには、あまり伝わっていなかったのかもしれない。

しかし、それからもう1年以上になって、
生徒さんは、
「レッスン受け続けて、最近になって、
『楽譜ってこう読むんだ』
と、やっとわかってきた感じです。
先生と初めて会った頃って、私は楽譜の読みが基本的に出来ていないのに、『曲の解釈』とか、レッスンで変なこと言っていましたよね・・・」
と、生徒さんは少し笑いながら話していたので、基本的で重要な事を、レッスンでやり続けた結果が、少しずつ実ってきたというところだろうか。
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。

中2の生徒さんはとても素晴らしい事を学ばれたんですね。最近、本当によく思うんですが、譜読みって「譜を読む」っていうぐらいだから、やはり、「読解力」がないとダメなんだなぁ~ってつくづく思います。単純な知識や技術の積み重ね、あるいは学習者の偏った感性に頼っていると、曲(楽譜)本来が表現したい事を適切に理解できないんだなぁ~って。
『解釈』っていうのは、そうした楽譜が表現したい事を適切に理解ができた前提で、それを、じゃ~自分はどうやってピアノで表現するかっていう段階で「解釈」が必要になるのかなぁ~って思ったりします。

まぁ~でも、そうした「譜読み力」を生徒さん自身が実感できるっていうのは、やはりモリスさんの指導の賜物なんだと思います♪
2008/12/13(Sat) URL  | SONBUN #tzyAXhkQ[ 編集]
SONBUNさん、こんばんは。

そうですね、譜を読む力は、少しずつでも確実に身につけていかないと、先に進むのが難しくなりますよね。
おっしゃるように、「解釈」というのは、楽譜を読むことができることがしっかり出来た上でのことですよね。

>まぁ~でも、そうした「譜読み力」を生徒さん自身が実感できるっていうのは、やはりモリスさんの指導の賜物なんだと思います♪

ありがとうございます。
でも、どうなのでしょうね。結構普通のレッスンだとは思いますが、生徒さんが向上を実感してくれると、うれしいものですね。
2008/12/14(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは~
お久しぶりです♪
中学2年生で、ずいぶんしっかりした生徒さんですね。感心します~
「譜読み力」って、大事なんですよね・・・
私もあまり基本的なことは考えずに弾いてしまっているかもしれません~
今はまだ先生に注意されたところを練習するのが精一杯ですが、レッスンでは先生もいろいろ考えてアドバイスしてくれているんですね・・・
また、大人を指導する場合は指導方法も違うんでしょうし・・・
モリスさんみたいな先生なら、生徒さんからの信頼度も大きいのでは、と思います~
2008/12/14(Sun) URL  | karinne #-[ 編集]
Re: タイトルなし
karinneさん、こんばんは。

お久しぶりです。
中学2年生くらいだと、しっかりされている方もいますよね。
この生徒さんは、譜読み力が結構向上してきたと、自分も感じています。

基本的な譜読みというのは、大切ですよね。
これをしっかりと備えていると、迷った時でも考えて対処できるようになると思います。
きっと、karinneさんの先生も、そうしたことを意識した指導を、レッスンの中に入れているのかもしれませんね。

>モリスさんみたいな先生なら、生徒さんからの信頼度も大きいのでは、と思います~
ありがとうございます。
生徒さんに、そう思っていただけるように、これからもがんばっていきたいですね。
2008/12/14(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。