• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ昨年のことを少し。
1つ前に書いた、コンサートから数日後のピアノを弾く機会は、利便性のために知人宅に数日間滞在。
この知人を仮にRさんとする。
Rさんも10代の頃に数年間ピアノを習っていた時期があり、そしてピアノ以外の音楽にもかなり詳しい人。

久しぶりだったので、いろいろと話をしたが、Rさんの話で興味深かったのは、
「大人で、仕事もしながら、ピアノを続けている人が結構いるとは凄いよね。
私は、ピアノに関しては、そこまではちょっとできなかった。
面白い時期もあったけれど、ある先生に代わった時に、『あなたは弾けない』ということを、毎回強く意識させられるようなレッスンだったし、
『そこは、こうでしょう!』みたいこと言われても、わからなかった。
いや、頭ではわかっているつもりだけれど、それができないから、やっぱり『難しくて弾けない』というイメージばかりが残ったのかなぁ」
とのことだった。

そして、
「だからね、どうしたらもっと生徒さんがピアノで表現できるように、レッスンの内容をどのようにしたらいいのか、何をどう伝えると良いのか、考えているモリスさんの指導側の苦労もわかるつもりなんだけど、習う側というか、一応弾けているのに弾けない人のような気持ちも凄くわかるし・・・・難しいものだよね」
と言っていて、それがなんだかとても考えさせられる話だったし、印象的だった。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは

う~ん。。考えさせられます。。
「私は弾けない」みたいな、劣等感を植え付けるような指導は指導とは言えないですよね。。

ただ、知らず知らずのうちにそうなってしまっていないか、自分の指導をみなおすことが本当に大切ですよね。
レッスンで何を習得させるか、収穫があるか、それで「レッスン前よりもうまくなった!」と生徒さんが進歩を感じてもらえればいいのですが。。
2009/01/09(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん こんにちは
考えさせられる重い記事ですね。このような内容になるといつも私の関心事「指導」の難しさに戻ってきてしまいます。
 「弾けない気持ち」を理解するのはたいした苦労も無しに弾けてきてしまった指導者が理解するのはなかなか大変なものがあると感じます。
 大人の場合は、言われた事を自分の豊富な経験や言葉の奥にある真意を汲み取る力があるので問題は少ないのかと思いますが、子供の場合、それが原因でピアノから離れて行ってしまうととても残念です。
 何故弾けないのかを、弾けていない内容を示すだけでなくその原因をつきとめて良い方向へもっていくのが指導だと思います。一例ですが、脱力ができていなくて、無駄なところに筋肉の硬直があった場合、無理に指を動かし弾いて、聴く余裕が無くなり 弾けない→聴いていない→弾けないの悪循環が昂じてしまい『そこは、こうでしょう!』と指摘されても改善されないということもあるかと思います。 『指導』という言葉のとおり良い音楽性へと導いていってくれる指導者が増える事を期待したいところですが、本当に人と人と意志疎通もあるので難しいと思います。
 モリスさんのような指導者が増えて行くと良いのにと日ごろより感じています。
 (以前と違って質の良い指導者が増えているとは思いますが、それでも時には「えっそんな指導はないでしょう」という場面に遭遇します。)
 またまた、生意気な勝手なことを書いてしまってすみません。率直な気持ち(訴え?希望?です)
2009/01/10(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

指導側が気をつけているつもりでも、生徒さんが「私は弾けない」ということを、意識してしまうようなレッスンになってしまうこともあると思うので、自分も日頃から気をつけるようにしていますが、難しいものですよね。
やはり、いつものレッスンから生徒さんとのコミュニケーションをうまくとりながら、レッスン内容も常に研究したいものです。

おっしゃるように、生徒さんが「弾けるようになった」という実感というのは、大切ですよね。




イヴォンヌさん、こんばんは。

そうですね、指導の難しさは、自分も常日頃から感じています。
生徒さんの「弾けない」と思っている気持ちも、個々の生徒さんがいろいろと違いもあるでしょうから、少しでも解消しながら、「弾ける」を実感してもらうためのレッスンとなると、考えることもたくさんありますよね。
おっしゃるように、生徒さんが悪循環に陥らないように、自分も気をつけているつもりです。

言葉も、イメージ的だったり抽象的な感じで伝える時もあれば、より具体性のある伝え方が必要なときもあります。もちろん、弾かなければ伝えにくいこともあります。
指導は、常に勉強、常に弾いて考えて、ですね。
2009/01/10(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。