• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分は普段のレッスンで、生徒さんの練習曲集や曲の楽譜に、日付を小さく入れる。
今なら、「2009年2月」や「09・2・5」のように、簡単に入れる。
「2009」などと、年を入れる必要がないように思うかもしれないが、年を書いておかないと、生徒さんが(指導している自分も)、後で振り返った時に、いつの年だったのか意外にわからなくなってしまうので、書いておくと便利。

先日も、小学4年生の生徒さんと、1年前には、練習曲集のどこをやっていたのか、どんな曲を弾いたのか簡単に振り返ってみたが、
生徒さんは、
「去年のちょうど今頃に、この練習曲集の、こんな箇所で何度もつまづいていたのが、なんだかうそみたい・・・。
曲も、1ページが多かったし、今見たらとっても簡単・・・」
という、率直な感想を言っていたので、

自分も生徒さんに、
「そうだよ。1年間で凄く上手くなった証拠だよね。
そして、また半年後や1年後には、今よりももっとうまくなって、かっこいい曲を弾けるためには、やっぱり毎日少しずつでも練習することが、大事だと思うよ」
と言うと、
生徒さんも、
「うん、うん」
と何度も頷いていた。

こんな感じで話をすると、生徒さんも自信を持ってくれる。
この生徒さんは、特に言わなくても、毎週ある程度はしっかりと弾いてくるが、家での練習の質を、もう半歩くらい上げることができると、レッスンをもう一歩充実したものにできそうなので、そのあたりも、今後はさらに重要になりそうだ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
年の記入、自分も大事だと思います。むかしむかしの楽譜をみたときに、とても懐かしく思いますし。
できたことを振り返れるとやっぱり自信となりますし、練習もまた楽しくなりますよね。モリスさんの生徒さんが少し羨ましいです。
2009/02/05(Thu) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
こんばんは!

私も日付の記入、大事だと思いました。
生徒さんが自分の成長をこうして実感してくれることは、生徒さんにとっても充実感のあることですよね。
年単位での目標もできて、家での練習もきっとますますやる気がでてきますよね。
2009/02/05(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
こんばんは。
私も年月日の入ったむかし、むかしの楽譜を持っています(笑)今でもその楽譜を見ると当時を懐かしく思い出します。
年月日が分かると、生徒さんが振り返った時に自分の練習してきた道のりが、実感できますし自信にも繋がっていくように思います。
こうしたちょっとした事にも、モリスさんの丁寧な指導を感じます。
大人になってからは、年月日の記入なんてしてませんでしたけど、これからは、記入していこうかな~なんて思いました。
2009/02/06(Fri) URL  | alice #-[ 編集]
モリスさん こんばんは
私も、小中学校の時記入してもらっていました。現在、当時の曲を弾く時に楽譜をみるといろいろな事を思い出します。(てこずったソナタなど次の楽章に行くまでとても時間がかかっていたりして)また、バッハのインベンション等、習った順番がよくわかって今でも参考になります。
 きっと大人になってからでも良い思い出になると思います。
2009/02/06(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
FFyusukeさん、こんばんは。

年を書いておくと、大人になって振り返った時にも、懐かしくていいですよね。
特に、練習曲集は、年月日が書いてあると、過去のペースなども把握しやすいのですし、生徒さんの自信にもなっているようです。




まりはんさん、こんばんは。

そうですね、レッスンというのは年単位のものでもあるので、年を書いておくと、あとから振り返った時にわかりやすいですよね。
ページ数の少ない練習曲集やテクニック系の本などは、1年くらいで終えることができるので、そうした年の確認もしやすくて、生徒さんにも上達を実感していただけるようです。



aliceさん、こんばんは。

大人になってから、昔の楽譜を振り返ると懐かしいですよね。年月日が書いてあると、何歳だったのかわかりやすいですし。
自分は、大人の方のレッスンでも、楽譜の隅の方に書き入れています。曲を仕上げるペースの目安としても、あとから使えるので、年月日はおすすめです。



イヴォンヌさん、こんばんは。

小中学校の時の楽譜を振り返ると、いろいろと思い出しますよね。年月日があると、おっしゃるように、バッハのインヴェンションなどでは、弾いた順序がわかりやすいです。
自分のところの子供の生徒さんも、大人になってからもいい思い出になってくれればと思います。
2009/02/06(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、おはようございます。
私の楽譜にも先生が月日を書いてくれてますが、なぜか年が抜けてて…
ピアノ歴は高校から大学までの間なので、弾いた曲もそう多くないのですが、記憶がハッキリしないので、なんとなく頭の中でモヤモヤしてます(笑)
小学生の1年間の成長はすごいんでょうね~羨ましい♪
大人の場合はコツコツと…
少しでも先に進めたらいいかなって思ってます。
2009/02/07(Sat) URL  | karinne #-[ 編集]
karinneさん、こんばんは。

そうなのです。レッスンの日付に年が抜けていると、後で見直したり振り返った時に、いつの頃か意外にわからないものですよね。
小学生は1年間で、かなり弾けるようになる方もいます。もちろん、ゆったりペースの方もいるので、生徒さんに合わせてですが。
大人もじっくりがいいですよね。
2009/02/07(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。