• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「この伴奏譜なんですけど・・・」
と、4ページの楽譜を持ち出してきたのは、普段は1ヶ月に2回ペースで来る大人の生徒さん。
1曲を集中レッスンのようにやると、初級程度には弾けているといった感じだが、ピアノを弾き始めてから日は浅いので、譜読みがまだまだ遅いし、仕上がるまでには時間がかかる。

その生徒さんが先日、歌の伴奏譜を持ってきた。
「社内の、周年祭りみたいなものがあって、内輪の小さな社内イベントなんですけど、歌う人がいて、その人に、
『おまえ、ピアノ習っているなら、これくらい弾けるだろ?』
って、楽譜見せながら言われて・・・。
そこで、思わず
『はい、これくらいなら何とか』
と、言ってしまって。
でも、家でちょっと弾いてみたら、全然弾けなくて困ったのですが、あと約1ヵ月後なんです・・・」
という話だった。

伴奏譜を見ると、日本の歌手の有名曲で、編曲はそれほど難しくないから、中級くらいの方なら、数日から1週間も練習すれば、特に問題無く弾ける。
だが、この生徒さんにとっては、1ヶ月というのはかなり厳しいかもしれない。

そこで、レッスンではまず、譜読みを助けるように、音を確認しながら全体を把握することから。
初級の方にとっては、和音が連続すると、どうしても一瞬止まってしまうことがあるので、前半と後半で微妙に異なる和音なども、迷わないように同じようなコード進行は、同じ和音で統一。
他にも、和音の箇所も、単音でもそれほど物足りなくならないところは、単音に整理。
左手のベース音の進行が覚えやすいので、それを徹底。

これらの作業は、普段のレッスンではあまりやらないが、期限が迫っていて、しかもソロではなく伴奏、つまりは歌の人に迷惑はかけられないという状況なので、レッスン時間内でかなり進歩させなくてはならない。

レッスンも今月だけ週1回ペースにしたので、週末でかなり良くなったが、まだまだ途中で何度も止まってしまうような状態なので、これからがんばっても、おそらく期限にはギリギリのようにも思うが、生徒さんもがんばっている様子なので、なんとか間に合うように、やらなくては。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~。

大人の生徒さんにも思わぬところで伴奏の機会があるものなんですね!
期限があって伴奏となると責任もあるし大変ですが。。
けれども、この方にとってもやりがいになりますよね。
うまくいくことを願ってます♪
2009/02/10(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

大人の方でも、このような伴奏をやる生徒さんが、時々いらっしゃいます。
普段のレッスン曲と違って、期限があり、しかも人と合わせて演奏するので、途中でミスをしてはいけないというプレッシャーもあるようです。

でも、この2週間で、かなり良くなったので、何とか間に合いそうな感じになってきました。
2009/02/11(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。