• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調律師さんには、ピアノを良い状態にしていただくために来てもらうわけだが、それだけではなく、話をするのはいつも楽しいし、役に立つ情報もいろいろと提供していただける。

先日も、自分のところで中古ピアノを購入を検討している生徒さんがいるので、少し相談してみた。
調律師さんは、
「やはり、生徒さんのご家庭にも、予算の都合があるでしょうから、新品はなかなか売れないですよね。
この時期は、うちにも、結構ピアノを見にくる方も多いですし、実際に売れるのですが、でも、やっぱり、売れる割合は中古が結構多いです。
中古も、かなり手間と時間をかけて調整してから展示していますが、でも値段はそれほど上げられないですし・・・」
とのことだった。

他にも、少し気になったことなどを、話をしてみた。
その1つが、自分が昨年末に某所で出会った、高級シリーズとされるピアノのこと。
自分が弾いた感想は、おそらく以前にも書いたと思うが、
「このピアノは、こういう音だったかなぁ・・・」
というのが、正直なところだった。

それは、以前に、このシリーズのピアノを、何台も某ショールーム弾いた時の印象が残っていて、その印象からはかなり遠いように思えたからだが、
これについて調律師さんは、
「ええ、先生のおっしゃっている意味は凄くわかります。
あのショールームのピアノの状態は、どれもほぼ完璧とも言えるような状態に常にしてありますから。
工場へ選定に行ったお客さんも、(結局は工場では買わずに)ショールームに展示してあるピアノに決めることもあるくらいです。
ですから、あのショールームのイメージを強く持たれていると、全くの同機種でも、1年に1回くらいしか調整していない状態のピアノだと、しかもその調整が綿密な作業では無い場合や、場所の環境がピアノにとってあまり良くない場合には、かなり違和感があるかもしれませんね・・・」
とのことだった。

この話に、自分も納得。
以前から思っていたが、ピアノは買う時も大事かもしれないが、買ってから優秀な調律師さんに定期的にしっかりと診断、調整してもらうことが大事だということだろう。
その費用は、それほど高いわけでもないから、自分も年に2回ペースくらいの調律は、今後もお願いして予定だ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

私も年に2回お願いしていて、そろそろ調律の季節です。
かなりわんわん鳴ってます。
音の狂いというよりも、何と言っていいかわかりませんが、音のまとまり方というか、そういう方向の修正がほしいなと思うような状態です。

なので、あと1回増やして3回にしたらもっと気持ちよく弾けるのでは・・と思ってしまい、悩みどころですが、さすがに3回してもらうってどうでしょう??

2009/03/28(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

調律が年に2回ペースだと、春と秋という方は多いかもしれませんね。
調律直後の良い状態というのは、本来は僅かな時間しか維持できないわけですが、そこまで厳密に考えなくても、まずまずの状態というのは、3,4ヶ月くらいが限度のようにも思いますから、年に3回でも良いのではないでしょうか。
自分も、年に2回と決めているわけでもなく、4ヶ月か5ヶ月くらいでお願いすることもあります。音そのもの(調律)もそうですが、整音などの内部の調整などの作業に期待という部分も大きいです。
2009/03/30(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。