• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーケストラの音楽というと、まずは交響曲が思う浮かぶが、もう少し自由で活発で、物語性のある音楽を聴いたい時には、リヒャルト・シュトラウスの交響詩というのは、オーケストラの能力を極めて高い次元で活かしているように思うので、結構好きなジャンル。

もっとも有名なのは映画で使われたことでも有名な、交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」や、交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」だと思うが、自分は子供の頃に生演奏で初めて接したリヒャルト・シュトラウスは、交響詩「ドン・ファン」で、その時の印象は鮮明に残っていて、今でもこれがもっとも気に入っている。

「ドン・ファン」の、スリリングに始める冒頭が、一気に聴き手を惹きつけるところや、複雑なからみあいなどの魅力が、やはりオーケストラならではの音楽。
この曲を、完成度の高い生演奏で聴くと、その世界に入り込んだかのような気分にもなるし、ピアノ音楽とはまた違った音楽の良さを味わうことができる思う。

自分のおすすめは、ちょっと定番かもしれないが、
カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 が演奏するリヒャルト・シュトラウスの交響詩
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。