• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学5年生の生徒さんだが、弾いている時に頭が右に少々傾いているのが、なかなか直らない。
それでも、
「まず、真っ直ぐに座る!」
と毎回のように言っているので、当初よりは傾きも減少したように思うが、弾いているうちの少しずつ頭が右に倒れているように傾く(と言っても、凄く倒れているわけではない、念のため)。

弾いているうちに右に頭が傾くので、次第に左肩が僅かに上がる。
そうなってくると、演奏が少し不安定になる。
左肩に余計な力が入っていることもあるので、生徒さんの肩をトンっと軽く叩いてあげると、元に戻るのだが、曲が長いと、また少しずつ左肩に力が入ってくる。

考えてみれば、人間は利き手や生活習慣などによって、ほとんどの人が左右どちらかに少しは傾いている。
知人のスポーツトレーナーによると、以前は左右を全く同じバランスに整えるが良いといわれていたが、今は、極端なアンバランスは矯正するが、左右完全対称に矯正するよりも、その人の持っている僅かな傾きの程度に矯正してあげるという考え方もあるそうで、この話を聞いた時には、自分もなるほどと思った。

だから、この小学5年生の生徒さんも場合も、右に傾くこのような状態を、もう少しだけ矯正してあげたいと思うが、体の核が大幅に大きく傾いているわけではないので、少しずつ良くなるようにしたい。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

姿勢は大事ですよね。
私もどの生徒さんにも姿勢だけはうるさく言うことにしています。
テクニックも、姿勢が整っていればすんなりいくはずのこともあるとも感じたりします。

でも研究が進むとこういう考えもあるんですね。
視野や情報源を広く持つことも大切なんですね。
2009/06/10(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

そうですね、姿勢は大事ですよね。
やはり、最初に良い姿勢の習慣をつけてあげると、後で楽ですし、テクニックの習得、ピアノで歌うこと、鳴らすことなど、いろいろと良いことが多いですよね。

知人のトレーナーさんがいうような、完全左右対称に固執しすぎないというのは、自分は結構いい考えだと最近思っています。
2009/06/11(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。