• 04<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>06
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学4年生の生徒さんの演奏は、いつも少し自信が無さそうなのだが、とても丁寧で、曲のイメージをつかむでいる音の表現は、なかなかいいものを持っていると思う。

5歳から始めたのだが(自分のところに来たのは、小学2年になってから)、レッスンのペースはゆったりとしているので、例えば某全国規模のコンクールの、その学年に合った課題曲を弾けるような実力には到達できてはいない。

だが、彼女は、音を感じとるということ、そこからさらに音楽を広げていくということに、かなり良いものを持っていて、シンプルなメロディーラインを歌う曲や、ゆったりとした和音進行の曲などを弾いてもらうと、ピアノから響きを引き出せている。
レッスン中に話もよくしてくれて、
「小さい頃から、お母さんもお父さんもクラシック音楽が好きで、いろんな曲を聴いていた」
ことや、
「家で弾いているピアノは、お母さんが子供の頃から弾いていたピアノを、今も年に1度の調律をしながら大切に使っている」
ことなども、これまでに話してくれた。
(生徒さんの母親が、子供の頃にピアノを習っていたというケースは少なくないが、そのピアノを親子二代でそのまま使っているというのは、それほど多くないように思う)

また、先日は久しぶりにオーケストラを聴き行ってきたとのことで、
「後半は知らない曲だったけれど、顔に音が『ビーン』と来るような響きで、楽しかった」
とのこと。

彼女のレッスンペースは、今後もきっとゆったりとしたものだろうが、感受性豊かな部分をさらに伸ばしながら、そこにうまい具合にテクニックを少しずつ向上させて、ピアノと楽しみながら小品を質良く弾けるようになってくれればと思っている。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

きっとモリスさんが生徒さんの個性を大事にする、質のいいレッスンをされているんですね。
コンクールにバンバン出させることだけがいいレッスンではないと思うので(そういったレッスンももちろんいいと思うし大事ですが)、優しい心を作っていける音楽の良さというものを感じました。
2009/06/19(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

コンクールに出場でモチベーションアップもいいですが、この生徒さんみたいに、ゆっくりとしたペースだけれど、しっかり継続というのもいいですよね。
これからも、この生徒さんの音楽を感じる心が、ピアノ演奏に一層結びつくようなレッスンができればと思っています。
2009/06/19(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。