• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会などを企画すると、高校生や大人の生徒さんは、「もし出るのなら」という前提で選曲を考える時には、曲の希望が2、3曲はあることが多いので、その中から、生徒さんの現時点での実力や、譜読みの早さ、仕上がりまでに要する期間なども考えて、
「挑戦の1曲」
「挑戦曲が仕上がりに遠い場合の保険の1曲」
のように決めることもできるので、意外にすぐ決まる場合も多い。

だが、小学生の5、6年生や中学生などは、ピアノ暦が長い人でも、ピアノ曲自体をまだまだあまり知らないことも多く、生徒さんも自身の実力と、曲の難易度の関係をあまり把握できていないので、希望曲というのが、
「あまり暗い感じのではイヤなので・・・」
「前に弾いた、あの曲のような曲を弾きたいです」
「こんな感じの曲が~」
といった、おおまかなイメージの希望をしか持っていないことも多い。

そこで、自分は生徒さんに、複数の曲を提示するようにしていて、発表会の曲の場合は、少なくても3,4曲の中から選んでもらっている。
しかし、自分のところへ来てからまだ半年未満くらいの生徒さんについては、まだレッスンした曲数自体も多くないので、幅広い好みに対応できるように、少し多めに曲を紙に書き出して、レッスン前に準備しておいた。

そして、曲を書いた紙を見せると、生徒さんは
「ええと・・先生、私の曲はどれですか?」
と言うので(どうやら、既に他の人の曲も入った仮プログラムみたいなものだと思ったらしい)、
自分は、
「どれにするかを、今から決めましょう。
一応、10曲書いたので、上から順番に弾きますから、弾きたい曲にチェックつけてください」
と言って、曲の全体像がわかる程度に、10曲を弾いてみた。

10曲の中から生徒さんは、
「これと、これと、これの3曲で、迷ってしまいます・・・
と言いますか、発表会の曲を選べるなんて、なんかワクワクしますよね・・・
前に習っていたところでは、『はい、あなたの発表会の曲は、これです』って渡されていたので、そういうものだと思っていました・・。」
とのこと。
結局、2曲やってみて、数週間前にどちらかに絞ってみるということにしたが、曲を選んだのも、2曲弾いてみて後から最終的に決めるという作業も初めてらしいので、これからが楽しみだ。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

生徒さんにとっては、曲を選べるというのは楽しいでしょうね。
私も子供のころ習っていたところでは、曲を決めて渡されるパターンでした。

生徒さんによってはこちらで決めて渡す人もいますが、基本的には何曲か提示して選んでもらうことにしています。
小学生に限らず、私も含めて知らない曲があまりにも多いので、知っている曲を希望として言うよりも、先生に数曲提示してもらうほうが、出会える曲の幅が広がっていいなと私は思います。
2009/07/26(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

発表会などの曲では、できるだけ多めの選択肢があった方が生徒さんも楽しいと思い、少し多く提示しています。
おっしゃるように、知らない曲と触れて、少しずつ音楽の世界が広がるのは素敵なことですよね。
自分も、常に何かいい曲が無いかと、探すようにしています。
2009/07/27(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
こんばんは。

私も子供の頃は、発表会の曲は先生が選曲されてましたので、自分の好みに関わらず弾かされている感じがとても強かったように思います。
(自分があまり好きじゃない曲だった時は、練習が大変でした。)

でも、自分の好みで選曲したくても、決めるとなると意外と難しい作業だったりするので、モリスさんの生徒さんのように、何曲もの中から選べるというのは、とてもいいですね。
2009/07/28(Tue) URL  | alice #gS/xbSlc[ 編集]
aliceさん、こんばんは。

発表会の曲を、最初から1曲に決められてしまうと、あまり好みではない時は、ちょっと大変ですよね。
少し長い期間練習することになる発表会の曲ですから、生徒さんに選んでもらう時には、いろいろなタイプの曲を並べて、できるだけ選択肢を増やすように心がけているつもりなのですが、初級から一歩脱出したくらいの方向けだと、自分も曲探しの難しさを感じています。
2009/07/29(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。