• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月も今日で終わりですから、「ピアノ練習会夏」も、あと10日と近づいてきました。
参加者の皆さんは、練習の状況はいかがでしょうか。

こうした練習会というのは、「まだ仕上がりには少し遠いなぁ」とか、「もう少し先の発表会までに仕上げて弾く予定」といった曲でも、人前で演奏して披露できるのが魅力です。

一度人前で弾く(外に出す)と、現時点での仕上がり度を少し客観的に把握できますし、良く弾けている部分、練習を重点的にやりたい箇所など、いろいろと見えてくるものです。

しかも、一旦演奏を外に出すと、それだけで演奏というのは、良い方向へ行けることが多いように思います。解放感のような、少しの自信のようなものが湧き上がってくるからでしょうか。

今から皆さんの演奏がとても楽しみです。
楽しく充実の会にしたいですね。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

私も人前で一度弾いた曲(たとえ完全に仕上がってなくても)は、なんとなく自信というか、自分のレパートリーとしての意識というか、それまでとは違う感覚で弾けるような気がします。
なので、こういう練習会など、(失礼かもしれませんが)たとえ大きな失敗をしても許していただける場というのは本当にいい機会ですよね。
また、ざっくばらんに曲について話せる機会というのも案外ないので、とってもいいなと思っています。


2009/08/02(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

やはり、一度演奏を外に出すと、レパートリーとしての意識ができて、それまでの感覚と違うものですよね。
おっしゃるように、練習会でしたら、うまく弾ければそれがそのまま自信になりますし、たとえ大きな失敗になっても、次の発表の場のための勉強になったと思えるので、皆さんがそうしたいい機会になってくれたらと思っています。
2009/08/03(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。