• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
練習会夏報告のその2。

当日は、初対面の方々もいて、少し緊張の雰囲気が最初はあると予想。
そこで、まずは自分がシンプルな曲を弾いて、とにかく会を始めるという方法で、ハチャトリアン「少年時代の画集」より「小さな歌」でスタート。

さて、皆さんの演奏は、とても個性的で魅力のある演奏ばかりで、自分もとても楽しんで聴かせていただきました。

そして、個別に、「ここをこうすると、さらに良くなりそう」な箇所や、実用的なテクニックなどの話も少しはさせていただいたが、お1人だけではなく、参加された他の方にも参考になるかもしれないので、それを少し書いてみる(練習会での、「あの時の話かなぁ」などと、振り返りながらお読みいただければ)。


体の軸を保つ
出したい音がある場合に、そちら側に無意識に体が傾いてしまうことは、よくあることだが、それがかえって、音が出ない要因にある場合もあり、さらに、頭が必要以上に傾くと、演奏者にとって聴こえてくる音も変わってくるので、基本的には体の軸は傾かないように保つ。


強調したい流れがある時
中高音や高音で特に強調したい部分がある場合には、指を硬質に保ちながらも、腕は柔らかく使って弾いてみる。
低音で強調したい流れも、手は固くならないようにして弾く。


手の交差は思い切って
手の交差する曲では、交差する手が動きやすいように、大胆に交差をする。
そのことにとって、体が窮屈になったり傾くのを防げるし、交差しない手の演奏も安定する。


強い和音の響き
強い和音を響きをしっかりと出すには、それぞれの鍵盤を同時につかみ、しなやかな腕でスピード感のある打鍵で深く弾く練習が必要となる。
和音をしっかりと打鍵して聴いてから、次の和音を弾くという習慣を、練習でつけたい。


場面音色の変化
同じような流れが続く曲では、特に場面による音色変化が重要となるので、かなり意識する必要がある。それによって、同じような音型が続いた場合でも、聴き手を飽きさせない
また、ずっと強い音で弾き通したいような曲や部分でも、それぞれの音の役割があり、打鍵の違い、音色の違いは当然ある。(特に今回のようなピアノでは)

時にはバランスを崩す
曲に慣れてくると、ある一定のバランスの響き内に演奏が収まってしまうことがあるので、時には内声を極端に強調するなど、バランスを少し崩すような練習も入れて、そこからさらに響きバランスを求めていく方法もある。

鐘の音
自分も含めて、「鐘」の音が入っている曲を弾いている人が4名ほどいたが、鐘の音色は、その前後と響きを変えるチャンスでもあるので、演奏にぜひ活かしたい。

他にも、いろいろとあったと思うが、こんな話を参加者の方々に、そして時には個別に話をさせていただいたので、もしよろしければ、今後の練習に少しでも活きてくれればと思う。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

皆さん素敵な演奏をされたみたいで、楽しそうな練習会の様子を想像しながら読ませていただきました♪
こちらの演奏のアドバイスは、参加していない私にも、どの項目をとっても、とても参考になります。
初見連弾も楽しそうですね。
特に、初めてお会いする方が多い場合に、楽に打ちとけやすくなりそうですよね。
2009/08/12(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん こんばんは

鐘の音 研究しています。全体の構成が引き締まってきました。今までソフトペダルを踏んでいたのですがはずそうかとも思っています。

他のアドバイスも大変参考になりました。このところ、腕の使い方を改善しているところでしたので勉強になります。難しいパッセージだとどうしても腕が硬直してしまい、手や手首の脱力でしのいでいたのですが、しなやかな腕目指します。
2009/08/12(Wed) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

今回の練習会も、皆さんとても素敵な演奏を披露していただき、楽しくて充実した会になったと思います。
皆さんの既に上手に弾かれているので、少しのポイントアドヴァイスで、きっとさらに質の高い演奏になってくれればと思い、いろいろとお話をさせていただきました。
初見連弾も楽しい企画でしたので、また次回もできればと思います。



イヴォンヌさん、ありがとうございます。

鐘の音というのは、その箇所と前後との関係もあり、ピアノ曲ではとても重要な場合もが多いですよね。

腕の使い方もいろいろとありますが、しなやかな腕をイメージされると、きっとさらに出したい音につながると思いますので、ぜひ。
2009/08/13(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさんこんばんは

先日いただいたコピー譜のマイケル・ナイマン:「THE PIANO」より「BIG MY SECRET」を、本日ちょっとした場所で弾かせていただいてきました。お食事会のときアドバイスいただいた「弾き始め」に注意してみました。練習を始めて日が浅かったので、まだまだの演奏ではあったのですが、その場の雰囲気に溶け込むことができました。表現がうまくできないのですが、なんか、体感としてつかめかけてきたように感じます。ありがとうございました。
2009/08/17(Mon) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

「BIG MY SECRET」を、もう弾かれたのですね。
弾き始めにちょっと気を使うだけで、その場への伝わり方というのが、本当に違うように思いますから、それを体感としてつかめてきたというのは、とても良いことだと思います。
その感覚を持って、小品も大きな曲も一層素晴らしい演奏を目指してがんばってください。
2009/08/17(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。