• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生の生徒さんで、部活(吹奏楽でフルート)もやっていて、塾にも行っているとなると、1日のうちにピアノを弾くことに使える時間というのもそれほど多くは無いだろうし、ほとんど弾けなかったという週も実際に結構ある。

今のレッスンのスタイルとして、この生徒さんは、テクニック系の本1冊と、好きな曲を常に2曲ほど選びながら弾いていくというようにやっていて、「専門性とは関係の無い趣味のピアノだが、ある程度のレヴェルくらいまでは弾けるようになる」という方向性だろうか。

だから、ハノンもツェルニーもやっていないし、ソナチネアルバムも古典派もシューベルトやメンデルスゾーンのなどの初期のロマン派もほとんど弾いていないが、それでもショパン「ワルツ7番」やグラナドス「アンダルーサ」、ドビュッシー「2つのアラベスク」などの中級程度の作品を、それなりに弾けるのは、小学生の時には曲数も多くやっていたらしい(自分のところへは、小学生の終わりくらいから転勤で来た)ことと、普段はあまり弾かなくても、気に入った曲の時には集中して弾いてくるせいだろう。

正直なところ、この生徒さんは、テクニック的には「もう半歩、もう一歩」という感じが、特に最近はしているのも事実。
エチュード的な本や、古典系を継続的に弾いてもらって、その半歩や一歩を縮めてあげたいとも思うのだが、趣味としてできるだけピアノを続けるということが、今のこの生徒さんにとっては優先事項であり、今後この生徒さんが、ピアノで専門的な道に進む可能性は、おそらく無いだろうと思われるので、今のところ新たに何か練習曲集を付け加えることなどの、練習プログラムの大幅な変更もしない予定。

だが、ピアノをやっていて部活で吹奏楽もやっているくらいの音楽好きだから、この先、部活でやっているというフルートで、専門へ進むなどの可能性は、もしかしたらゼロではないのかもしれないし、高校生になって声楽を始めて、それで専門的にと考える人もいる。
そうした時になって、受験のための副科ピアノとなると、やはりピアノの練習内容も、受験とその先のために大幅に違うものになってくるので、その時にはそうした話をじっくりする必要はあるだろう。

ただ、転勤が多い保護者さんのようなので、もし今から転勤した後に、そうした話になった場合に、新しいピアノ指導者のところで、
「受験の副科ピアノですね。
受験は、古典のソナタでしょうが、入学してからのピアノのレッスンについていけるように、今から最低限の準備はしておきましょう。
では、レッスンは、ハノンの続きと、インヴェンションの続き、それからツェルニー30番は何番やっていますか?ソナチネアルバムはどこまで進みましたか?」
などという話になったとしたら・・・・・おそらく、この生徒さんは質問の意味すらわからないかもしれないし、
生徒さんが、
「あのう・・・それ全部、全くやっていないですけど・・・」
ということになるので、そのピアノ指導者には、
「前に習っていたモリス先生って、ハノンもツェルニーも古典も何も無いレッスンしていたなんて、いったいどんなレッスンしていたのか」
と思うかもしれないが・・・・・・

いや、受験とは無関係でも、今後転勤した場合に、転勤先のピアノ教室で、そのような話になる可能性はあるとは思っている。
部活や塾で忙しい中学生の趣味のピアノと言っても、やはり核となる練習曲集などを継続的にやっていないと、指導者側としてはやりにくい面が多いのも事実だろう。

自分も最近は、この生徒さんに、世の中の人が弾いている割合が多い練習曲集には、どんなものがあるのかといった話もしてみたり、
「学校で、ピアノを習っている人がいたら、どんな本使っているか、聞いてみてごらん」
とも言っておいたので、この生徒さんも「ピアノを弾いている人々が通る道の大まかな流れ」のようなものを、少しは把握できてきたようだ。
だからといって、今すぐ何かを加えることはしないが、もし今エチュード系を加えるとしたら、ツェルニー30番でもいいのだが、もう少し余裕を持たせるためにも、もしかしたらラジリテあたりからやってもらって、テクニックの整理をした方がいいのかもしれない。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

モリスさんのところは専門のイメージが強かったですが、趣味のピアノの方がいらっしゃるのですね。

私も中学の時は、自分としては完全に「趣味のピアノ」という位置づけでしたが、先生が割としっかりハノンや練習曲などをしてくださっていたおかげで今があるのだと思います。

私も中学生の生徒さんがいますが、将来のことを少し話し合ってみるのも大事なことだなと自分のレッスンを振り返りました。
2009/09/28(Mon) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん こんばんは

なかなか難しいところだと思います。
生徒も先生も趣味のつもりでレッスンをしていても、高校に行ってからやっぱり音大に進みたいということもあり得るし。。。。
効率的に基礎力をつけるその人そのひとにあった方法が見出せるとよいですね。

なるほど ラジリテ、良いですね。時間的に負担にならないしターゲットがはっきりしているし、曲の中でもそのテクニックが見つけやすいように思えます。
2009/09/28(Mon) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

自分のところの生徒さんには、「ハノン全部は何周目」のようなバリバリ弾ける小学生もいるのですが、趣味でマイペースの方ももちろんいます。

まりはんさんがおっしゃるように、趣味のピアノでも、ある程度テクニック充実のレッスンを続けたほうが、後のためにはいいのですが、生徒さん本人の希望なども含めて考えると、そのあたりの判断が難しいところですね。




イヴォンヌさん、こんばんは。

おっしゃるように、後になって、専門系にと考える例もあるので、判断が難しいところです。
本人がその気になった時に基礎的なテクニックが充実していないと、古典系は十分に弾くことができないので、やはりツェルニー30よりは少し弾きやすいラジリテくらいをしっかりやっておくのも、選択肢に入れておいていいのかもしれないですね。
2009/09/28(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。