• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1つ前に書いたように、生徒さんの中には、「練習曲集などを1冊入れたほうが、いいだろうな・・・」とは思いつつも、簡単なテクニックの本1冊をやる程度で、あとは曲のみのレッスンになってしまうことも、現実にはある。

そうなると、スケールとアルペジオを含んだ曲の常時継続という面が、どうしても手薄になってしまうので、ある程度の曲を弾けているつもりでも、古典や少し本格的なショパンなどをいざ弾きたくなって挑戦してみると、どうしも苦しい場面が多くなってきてしまう。

そこで、エチュード系をやはり入れたいと思うのだが、中級の曲を弾くようになってからツェルニー30番やモシュコフスキー20番を入れても、ペースがあがらずに、指定テンポではなかなか仕上がらずに、練習曲としても本来の役割から遠くなってしまうということになりかねない。

だから、初級段階から「教則本や練習曲集の曲は、次々に仕上げていく」という概念を持ってもらうことができるようにレッスンしていきたいし、それができるようになれば後がかなり楽だと思う。
つまり、16分音符や32分音符が並ぶ練習曲集(ツェルニー30番など)に入る前に、譜読みの力も基本的なテクニックもそれなりの充実させて、練習曲集に入ってからも仕上がりのペースが落ちないようにできれば、ルクーペのラジリテくらいなら結構どんどん進んでいける。

どれくらい弾ければ、ラジリテに入れるのかは、同時に併用しているテクニック系(人によって、バーナムだったり、ハノンだったり、バスティンだったり)の出来や、普段の曲の仕上がり状況など、生徒さんのレッスンをしながらの判断になるが、「ブルクミュラー25」や「ピアノの練習ABC」を終えたら、すぐにラジリテでもサクサクと進める生徒さんもいれば、ラジリテの前にもうワンクッション入れたほうが良さそうだと思うこともある。

いずれにしても、この中級の少し手前の時期を上手に乗り切ることができれば、毎週1曲仕上げペースというほどではなくても、2~3週に1曲ペ-スくらいで、中級エチュード系がどんどん進められる場合が多いように思う。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
自分はずっとツェルニーをやっていますが、モリスさんの記事と同様なことを感じています。いざ古典やショパンで本当に困ることがあり、テクニック的な欠落を日々感じていましたが、少しずつ解決に向かっている実感もあります。本当はもう少しサクサク進むといいんですけど。モリスさんの生徒さんも効果を実感できるようになるといいですね。
2009/10/02(Fri) URL  | FFyusuke #-[ 編集]
FFyusukeさん、こんばんは。

yusukeさんはツェルニー30もしっかり終えられて40へ進んでいるので、凄いですよね。
ツェルニーはやはり大変だと感じる方が多いので、自分は、生徒さんがエチュード系に入った時に、できるだけ負担に感じないように、その前の段階での準備の必要性を、最近は特に感じているので、自分も日々勉強です。
2009/10/03(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
こんにちは~
昔習っていた時にツェルニー40の途中で挫折して、30もチンタラ進んで終わらせた記憶があるのでテクニックの話はちょっと耳が痛いです(笑)
大人になって再開した今「趣味のピアノだけどある程度のレヴェルくらいまでは弾けるようになりたい」という思いはありますが、レッスンはどうしても曲のみになってしまうので、テクニックは自主練習でやってるって感じなんです。
再開してすぐの頃、ハノンを1番から練習してたんですけど、なんか飽きてしまって…(笑)
でも、最近ちょっと基礎に目覚めて?スケールとアルペジオを抜粋して弾きはじめたところです。
あと、時間があればインベンションを弾いたりもしてますが…
ツェルニーの代わりにバッハかべートーベンを弾くって考えでも、いいんですよね…?
今は自由に選曲させてもらってるので、時々このままでいいのかなと思うこともありますが…
2009/10/04(Sun) URL  | karinne #-[ 編集]
karinneさん、こんばんは。

ツェルニーはどうしても単調に感じる場合が多いので、できるだけ早く仕上げてしまいたい本ですが、結局は長期間になってしまいますよね。
ハノンも、1番からがんばるというよりは、1日に前半から1、2曲、スケールとアルペジオも1個ずつなどと考えれば、5分くらいですから、少ない量で継続と思えば、気が楽かもしれません。

バッハや古典ソナタの方が、ツェルニー30だけよりは確かに練習にはなりますよね。ツェルニーに気が向かないなら、それでもいいと思います。ツェルニーをやっていると、古典が弾きやすいというのはあるとは思いますが。
ツェルニー30をある程度弾ける方は、自分はモシュコフスキー20番練習曲をおすすめする場合も多いです。
2009/10/05(Mon) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。