• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年新たに買った楽譜は、特に多かったわけではないが、自己練習と演奏用に、そしてレッスン用に、それなり増えた。
考えてみれば、1ヶ月に3冊買ったとしても、1年で36冊のペースで増えるが、実際にはもう少し買っているので、以前に何度か整理して、空きスペースをつくったつもりでも、気がつけば棚はどんどん埋まっていくことになる。

ここで、今年新たに購入して楽譜の中から、いくつかを紹介。

シューマン「こどもの情景」 ウィーン原典版
もちろん違う版は持っていて、それで問題も無かったのだが、特に原典のペダル、校訂にあるような実際の演奏のペダルということを、見比べるためにも、購入して使っている。主にレッスン用。

ドビュッシー「ベルガマスク組曲」 ショパン社 中井版
これは、自分の中でドビュッシーの楽譜を中井版で買いなおし作業での流れとして購入。
既に、安川版でベルガマスク全曲をかなり以前に弾いてしまったいるので、自分もその指使いとペダルにある程度慣れてしまっているだが、中井版でゼロから弾くつもりで「月の光」を弾いてみると、面白かった(以前に公開した録音は、安川版使用の演奏)。レッスンと自己用。

ショパン「プレリュード集」 ヘンレ社原典版
これも他社版は持っているのだが、今年にヘンレを購入。
ヘンレ版というのは、原典版の元祖的な存在だが、今では他社の楽譜も進んでいて、しかもショパンの楽譜でのヘンレというのも、どうもはっきりしない面もある。
が、安売りしていた時に買ってしまった。主にレッスン用。

リスト「リートによる15のピアノ小品集」 全音
リストの楽譜というのは、日本版があまり充実していないのが現状だが、これは全音から出ていた。
ペダルや指使いは、そのまま使えるところと、そうではないところもあるが、まずまず使える楽譜という印象なので、この先もいくつか弾いていこうかと思っている。主に自己用。

他にも使ってみて、良さを感じた楽譜もいろいろとあるので、機会があれば書いてみようと思う。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

楽譜ってついつい増えてしまいますが
買って弾いてみると楽しいなと思ってまた新たに買ってしまいますね☆
ドビュッシーはやはり中井版がオススメですか?
2009/12/30(Wed) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

楽譜は、おっしゃるようについつい増えてしまうものですよね。
ドビュッシーは、以前よりも、よい日本語版は数種類出ていますが、実用的なペダルと指使いが親切な、中井版がおすすめですよ。
2009/12/30(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。