• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年が、新たに譜読みして仕上げた曲(ソロのピアノ曲の意)が、少ない年だったのが書いたが、今年は少し多くしていようと思い、先日楽器店で楽譜をいくつか購入。

楽譜コーナーというのは、見ていると時間が経つのが本当に早いもので、何を弾くのか、どの楽譜を買うのか迷ってしまうものだが、今回は、リスト、アルカン、ラヴェル、と買ってみた。

ラヴェルは同じ曲を既に持っているのだが、違う校訂も欲しくなり購入。

リストも、一応持っている楽譜だが、古い版であまり良くないことは以前から気になっていたので、この機会にちょっと値段が高いが、しっかりした楽譜を用意。
この中から、まずは2曲ほどを弾こうと考えている。

アルカンは、これまでに遊び半分で1曲くらいしか弾いたことがないが、譜読みしてみて自分でも弾いてみて、レッスンでも使えそうな曲がありそうなら、少しずつ取り入れてみる予定。

今年は、既に変な伴奏(?)などはお断りしたし、気分的に練習に力を入れようと思っている。
ある程度手ごたえのある曲をいくつか仕上がった時点で、大先生の感想もいただいて、曲を手中に収めるくらいにできればと構想中。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

楽譜コーナーは見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいますよね。
モリスさん自身の練習方針や方法もまたいろいろお聞きしたいです。

ラヴェルはいつか弾きたいと思い楽譜をだいぶ前に買ったのですが、正確で確実なテクニックが必要だとひしひしと感じるので手が出せずにいます。
「鏡」の中の一曲がラヴェルで弾きたい曲ナンバーワンですが、よろしければ、おすすめの版とかあれば教えていただけますか?
ただ、初ラヴェルがいきなりこれはきついなー(技術的に)と楽譜を眺めているだけで日がすぎていってます。
ちなみに持っているのは薄いクリーム色の本です。
2010/01/12(Tue) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

楽譜コーナーにいると、つい時間を忘れてしまいますよね。

ラヴェルは、単純に指の動きのメカニック的な要素も必要ですし、それよりもショパンなどとは全く違う質のテクニックが必要な作曲家だと感じます。
「鏡」は、どの曲も素敵ですが、特に「道化師~」はかなり難しい曲です。
ラヴェルをまず弾くには、「ソナチネ」の1楽章と2楽章、少し難しいですが余裕があれば3楽章も弾いてみるといいと思います。

楽譜は、自分も以前はデュラン版を使っていましたが(それしか無かったので)、今は日本語で読める校訂版もいいですよ。
音楽之友社のペルルミュテール校訂版が、何と言ってもおすすめです。
2010/01/13(Wed) URL  | モリス #-[ 編集]
こんばんは!
ありがとうございます。
どきっ・・やはりかなり難しいんですね☆
お勧めいただいた楽譜でまずはソナチネを早速調べてみます。
2010/01/14(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
こんばんは

アルカン 興味あります。どんな感じで仕上がるのか今後のブログ楽しみにしています。

2,3年前に、私の周りで流行って、私もかじってみたのですが、なんだかよくわからず、放棄してしまいました。人の演奏を聴いてもやはり良く分からなかった思い出が、、、
2010/01/14(Thu) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

「ソナチネ」は、本当に素敵な曲です。
ソナチネという古典的な形式の中に、ラヴェルらしさがたっぷりの曲ですから、ぜひ弾いてみてください。



イヴォンヌさん、こんばんは。

自分も、アルカンは以前にちょっと弾いただけで終わってしまったので、今回はもう少し触れてみようと思っています。
少し独特というか、素直に入りにくいような雰囲気の曲も多いとは思うのですが、まずはうまく選曲して、弾いてみたいと思います。
2010/01/15(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。