• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たしか、4年前の荒川さんの時も少し書いたので、今日はフィギュアスケートで銀メダルの浅田真央選手に少し関連したことでも。

浅田選手は、ラフマニノフの前奏曲OP3-2を使って、フリーでは重厚さの中に技の要素を含んだ、とても難しいプログラムになったいたように感じた。
ただ、原曲はピアノ曲なので、あのオーケストラバージョンは、面白いとも思ったが、自分は原曲を弾き慣れているせいか、シャープな流れの箇所や、聴かせどころの箇所を使っていなかったのが、少しもったいない感じにも思えた。

金メダルになったキム・ヨサは、ガーシュインのピアノ協奏曲という、知っている人は知っているが、知らない人も多いだろうと思われる、少し渋い選曲。
こういった曲を選ぶところが、実力があるようにも思えるし、もう少し違うプログラムを見たいようにも思えた。

さて、フィギュアスケートというのは、見慣れてくると、やはりアイスダンスが一番面白いように思う。
姿勢、スケーティング、振り付け、プログラムの内容、音楽の使い方など、あらゆる点がシングルスケーターより格段に上手く、プログラムに隙間が少ないので、見ていて作品のように感じることができる。
特に、優勝したカナダのカップルは、フリーではマーラー「交響曲第5番」のあの有名なところを使っているのは、選曲としては結構驚きだったが素晴らしい演技だったし、2位のアメリカの「オペラ座の怪人」も迫力があった。

そして、日本のリード姉弟も、特にオリジナルダンスで、日本をテーマにした演技は良かった。
レッスンで、大人の生徒さんが、
「着物姿がなんかちょっと変で、日本らしいような、らしくないような感じが・・・」
と言っていたが、
自分は、日本人以外の外国人がイメージする日本らしさや着物や振り付けというのは、リード姉弟がやっていたような、だいたいあんな感じだろうと思うし、スポーツとしてやっているのだから、特に変だとは思わなかった。
それを、生徒さんに言うと、生徒さんも、
「そう考えるとそうですね。
ちょっと外国人の視点になった気分になると・・・リード姉弟のあの姿は、全然おかしくないように思えるから、なんだか不思議ですね」
と言っていた。
コメント
この記事へのコメント
ラフマニノフ鐘のオーケストラバージョンは、真央ちゃんにはちょっと重厚すぎた気がしました。
あまり盛り上がる曲でもないし、何を表現したいのかを伝えるのが難しそうで、真央ちゃんは気に入ってるとは言ってたけど、大好きな曲でもなさそうで、一生懸命気に入ろうと頑張っていた、そんな印象でした。
せめてピアノバージョンだったら良かったのに…と、思ってしまいました。
2010/02/27(Sat) URL  | karinne #-[ 編集]
karinneさん、こんばんは。

karinneさんのおっしゃることは、よくわかります。
確かに、浅田真央選手は、あのオーケストラバージョンの曲を表現しようと懸命なのは伝わってくるのですが、重たい空気が終始支配していて、難しさを感じました。
原曲のピアノバージョンで、充分に素晴らしい曲だと、自分も思うですが・・・・コーチなどの判断なのでしょうか・・・。
2010/02/27(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。