• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発表会のための曲というのは、発表会の開催日程が4.5ヵ月後くらいに近づいてから考え始めると、結局はすぐに思いつくような曲が並んで、プログラムに新鮮さが無くなってしまう。

もちろん、今年はショパンとシューマンだから、それを意識しての選曲も考えらられるが、それだけというわけにもいかないので、常日頃新しく譜読みをして、「華やかで絶対に発表会向きの曲」、「派手さは無いが、しっとりと聴かせるので発表会でも使えそうな曲」、「練習にはなるが、音をはずす確率も高そうなので、人前にはあまり向いていないが普段のレッスンには使える曲」などと、いろいろと頭の中で考えている。

だが、事前に曲をたくさん考えて、出演の生徒さんがだいたい選曲を終え、プログラム順もほぼ決まりかけていても、練習して数週間で、練習をある程度やっているのに、どうも曲に乗りきれない生徒さんは1人くらいはいるもの。

以前に、中学生の生徒さんで、生徒さん自身が選んだベートーヴェンのソナタなのに、あまり仕上がりが見えてこない感じで、しかもプログラム順で想定される次の生徒さんもベートーヴェンのソナタだった(これを、少し気にしていたのかもしれない)ので、曲を変更してみてはどうかと尋ねてみたことがあった。
「違う作曲家の方が、聴いている側は、曲想に変化があった方が聴きやすいし、あなたは譜読みが結構速いので、2ヶ月以上ある今なら大丈夫だよ」と言ってみたが、生徒さんは、迷っている感じだった。

そこで、ベートーヴェンとは全然違うタイプの曲を提示してみることにした。
「(少し弾いて)こんな感じの曲もあるけど、どう?」
すると、生徒さんは、
「えっ!今の曲は・・全然知らないですけど、かっこいいですね。誰の曲ですか?」
と言うので、スペインのファリャだと教えると、
生徒さんは、
「スペイン!やります、ファリャに変えます!」
とあっさり了承。

実は、この時は、自分はこの生徒さんが、ファリャに変更するのに、少し自信(?)があった。
スペインものというのは、全く知らないととてもカッコイイ曲に聴こえるので、アルベニスもグラナドスもファリャも、中学生以上の生徒さんには、結構受け入れられやすいので、自分の中では定番のレッスンレパートリーになりつつある。
これも、一時期スペインものの譜読みにかなり凝っていた時期があったので、その頃の譜読み貯金のおかげだろうか。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

スペイン系、はまりますよね~♪
何とも言えない土臭さや、エキゾチックな感じが大好きです♪

譜読み貯金。。いいですね~
今すぐに使うわけではなくても、いろいろ譜読みしておくとしばらくたってからまたそれが活きてきますものね。
私も先日新しい楽譜を注文したので、それが届くのが楽しみです。
2010/03/26(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

スペイン系の曲は、知るとどんどん弾きたくなりますよね。
以前よりも、普及してきたように思いますが、自分のところの生徒さんの中には、まだまだスペインものは弾いていない方もいるので、おすすめすると、だいたい皆さん気に入ってくれることが多いです。

常に譜読みをすることは、指導者によって大事ですよね。
自分も、いつも新しい曲探しをしています。
2010/03/27(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。