• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月ということで、この時期からピアノを始める幼児や小学生もいると思う。
自分も、事前準備というほどでもないが、初歩教本、初級教本を数冊買い足しておくくらいの準備はしてあるし、もっと使いやすくて良い教本はないものかと常に探してもいる。

導入・初歩から初級にかけての教本選びというのは、難しい。
自分は、いまだに決定的とも言えるような教本に出会っていないと思っているのが、それでも内容も良く使いやすい教本シリーズはいくつかあり、中でもG社から出版されている6巻のシリーズものは、4歳、5歳や小学生低学年が、1巻から初めて、無理なく6巻まで比較的ゆるやかに進んでいけるので、使うことも多い。

いや、正確には「使うことも多かった」と言ったほうが正しい。
今でも使ってはいるのだが、内容は良いとしても絵が少々古い印象であることや、本文に説明やヒントのような文字が無いこと(4,5歳のこどもは文字を覚えたので、読むのが結構好き)、収録曲も幾分古風な感じなのが、少し気になり、ここ数年は他の教本を使うことも多くなってきた。

ただし、4,5歳用に良いと思って使ってみた他の教本も、残念ながらG社シリーズよりも明らかに優れているというわけでもなく、数社の教本で似たように感じたことは、途中で急に難しくなる本が多いということだ。
特に、鍵盤の位置関係や楽譜についての丁寧な説明と、かわいいイラストでとても使いやすいと思って使っていた某社のシリーズは、ある時ページをめくると、そこから何の前触れも無く急に難しくなっていて、そこまで順調なペースで進んできた生徒さんも、どうしても何週か止まってしまうことになる。
今では、この某社シリーズを使用する時は、その止まってしまうページは取り敢えずは飛ばして先へ進み、その巻が終える最後に弾いてみるという方法でやっているが、結局はG社シリーズへ移行することも少なくない。

おそらく、某社シリーズは、小学1年生~3年生くらいからピアノを始めた子どもが、比較的短期間で初中級レヴェルに達することができるようにという意図で作成されているのだろうが、そのように上手くいくのだろうか?
初級の子供は何週も同じ曲を弾くと飽きてくるので、多くの曲を弾きながら少しずつレヴェルアップしていくG社シリーズの方が、子供は毎週のように○がもらえて、ゆるやかに曲は難しくなっていき、結果的には上達が速いようにも思える。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

導入期の本の選び方ってほんっとに難しいな・・と感じています。
私は生徒さんに合ってるかどうかは使ってからしかわからないんです☆
うまくいってくれる場合と、どうしても難しさの壁を乗り越えられない場合があるんで・・
使う前にわかればベストなんですが。。

始めたばかりの生徒さんにとっては、毎週○がもらえるというのは進歩しているという実感につながるので大事だと思います。
また、1曲にあまり長い期間をかけてしまうと、それが変な習慣として残ってしまいそうなのもいやだなと感じてしまいます。

2010/04/02(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん こんにちは。

G社シリーズを初めて見たときは、画期的な教本だなっと思っていましたが、もう
>少々古い印象
なのですね。でも、無理のない進め方だなと思います。確かに他の教本って”途中で急に難しくなる本が多い”と思う箇所に遭遇します。(これ、克服したらなんでも弾けてしまいそうみたいな)

私が初めて手にしたのは「メトードローズ」でした。今でも楽譜屋さんに並んでいるのを見かけると懐かしく思いますが、どのくらいの指導者が使用しているのかと素朴な疑問が生じます。
2010/04/03(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

初歩・導入の本の選び方は、自分もいつも考えています。
一応、自分の中での定番の組み合わせ(生徒さんの年齢などによって多少異なる)はあるのですが、それでも生徒さんによっては、1冊・2冊使ってみるうちに、別のシリーズへ移行したりと、いろいろです。

おっしゃるように、初級までは基本は毎週○が自分もいいと思うので、それくらいのゆるやかに進む本が、いいですよね。
2010/04/03(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。


急に難しくならない教本シリーズというのは、結構少ないものですね。
G社シリーズは、そういう意味では進行が幾分緩やかなので、きっと多くの指導者が使用されているベストセラーだと思います。
自分も、今でも数人の生徒さんに使っていて好評ですが、曲集などは他のシリーズを組み合わせています。

メトードローズは、ちょっと懐かしい感じですね。
メインのテキストとしてではなく、併用の本として使っている指導者は今でも結構いるのではないでしょうか。
2010/04/03(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。