• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のレッスンで、小学2年生の生徒さんがスラーの切れ目を、ブツっと切って弾いている。
曲にもよるが、古典などで短いスラーは細切れに弾かないことも多いので、この曲も、ブツブツと切れるのが変であり、1週前のレッスンでは、生徒さんもちゃんと長いフレージングで弾いていたはず。

モリス : ここは、スラーが切れていても、もっと先まで長いフレーズで弾こう。

生徒さん: でも、A子おばちゃんが、スラーが切れているから、ちゃんと切って弾いた方が良いって

モリス : ? A子おばちゃんというのは誰?

生徒さん: ええと、お母さんのお姉さんで、ピアノ弾けるの

さて、こうした時にはどうしたら良いのか。
小学2年生くらいだと、レガートのスラーとフレーズのスラーの違いを、言葉を並べてたくさん説明しても効果的ではないし、周りに少しピアノが弾ける大人がいると、皆同じに見えている様子。
つまり、口で言うよりも、実力行使にでた方が、一発で解決できるので、

モリス : そうか・・・ピアノ弾けるA子おばちゃんに教えてもらったんだ・・・
      ちょっと、今からピアノ弾くから、ちゃんと聴いていてよ。

自分は、そう言って、リストのオクターブが高速で連続する曲の一部分と、モシェレスのエチュードの一部分を、生徒さんの横で思いっきり弾いてみせた。

生徒さん: (驚きで、口がポカーンと空いている)

モリス : どう? A子おばちゃんは、これくらいピアノ弾ける?

生徒さん: (首を横に何度も振って否定)

モリス : そう。じゃあ、ピアノの弾き方は、A子おばちゃんの言うことじゃなくて、モリスの言うこと聞いて下さい

生徒さん: (首を縦に何度うなづく)

しかし、考えてみると、子供相手に全く大人気ないとは思ったが、周りの大人から、変なクセなどをつけられる前に、一度言っておいてよかっただろう。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんにちは

とっても大事なことだと思います。でも、ブログ読見ながら場面を想像して吹き出してしまいました。

楽譜や人の言葉って表面上は同じに見えてもその真意が見えていないと間違った理解で変な方向へ行ってしまうこてってありがちだと思います。(私も再反省です。)モリスさんのような指導者のもとでレッスンを受けていると、曲想の理解の幅も広がっていくのでしょうね。


2010/04/24(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

自分でも、後から考えてみると、大人気なくて笑えてしまうのですが、でも一度ちゃんと理解してもらうことが必要な時もあるので、良かったのかもしれません。

おっしゃるように、特に子供は表面上は同じようなことを、真意が見えずに間違った理解してしまうことが結構あるので、そのあたりも、指導側は毎回レッスンでは気をつけなければならないことです。
2010/04/25(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
モリスさん、こんばんは!

私も、ぽかーんとみている生徒さんと、ピアノを弾きまくるモリスさんを想像して、思わずふき出してしまいました。
でも、小さい生徒さんや、全く楽器を弾かない人は、ピアノを弾ける人=先生も近所のおばさんでも弾ける人は同じように弾けるもの、と悪気なく思っていると思います。

実力行使も、モリスさんのしっかりした指導が振り回されてしまわないためにも必要なことだと思います。
けれど、人の話(言いたいこと)をしっかり受け止められる生徒さんのようなのでこれからも楽しみですね。

2010/04/25(Sun) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

やはり、自分もなんだか笑えることやっていますよね、小学性相手に。でも、悪くない機会ではあったと思います。

おっしゃるように、この生徒さんは、人の話をしっかりと受け止められるので、吸収力もあり、さらにそれを伸ばしていく力が備わっているようなので、これからが楽しみです。
2010/04/25(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
私もその場面を想像して、ちょっと吹き出してしまいましたが、モリスさん、かっこいい~!って思いました♪
時々、レッスン中に先生がピアノを弾いてくださることがあるんですけど、迫力があって、すごいっ!って思います。
なんというか、この人に付いて行こう!って思わせるオーラみたいなものを感じます。
2010/04/29(Thu) URL  | karinne #-[ 編集]
karinneさん、こんばんは。

自分でも、後から考えると笑ってしまいますが、生徒さんにはわかっていただけたみたいなので、効果はあったようです。
やはり、初級者の生徒さんにも、ピアノ演奏ということを、肌で感じでもらうことは大事なことですよね。

karinneさんの先生も、レッスンで迫力ある演奏をしてくれるとは、いいですね。
2010/04/29(Thu) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。