• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィークの期間は、やはりどこかへ旅行や観光などへ行く方が多いかもしれないが、自分のところは、お休みする方も数人いたが、普段と同じくレッスンにくる生徒さんが多く、さらに、「連休は休みがとれたので、レッスンに行ってもいいですか?」という大人の生徒さんもいて、いつもの日常のレッスンとそれほど変わらなかった。

考えてみれば、有名な行楽地などは、連休中はどうしても混雑しているので、ある生徒さんの家族が言っていたように、
「連休はどこへ行っても人が多いし渋滞もあるから、ちょっと郊外の大型店に買い物へ行く程度で、特に出かける予定もない」
という家族も、意外に多いのかもしれない。

しかも、ある生徒さんのお父さんは、
「休み期間が長くて、どこへも行かないとだらだらとした毎日が続きますが、ピアノがあると少しは気持ちにハリがあるようなので、生活リズムも大崩にならないので、助かりました」
とのこと。

また、初夏のコンクールに出場の生徒さんにとっては、連休は時間をたっぷりと使ってしっかりと練習できる期間でもあるが、小学生の頃というのは、数週間や数ヶ月単位での時間の感覚や計画性に乏しいことが多い(もちろん、人によって異なるが)ので、
例えば、

当日演奏まであとどれくらいの日数(何週)とレッスン回数があり、
仕上げの期限は当日が目標ではなくそれよりももっと前で、
だからいつまでに暗譜をして・・・・

といったことを、ある程度明確にしておく目的で、ミニカレンダーを楽譜に貼り付けて意識して練習してもらうことにした。
さて、効果は少しはあるだろうか。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

連休も、生徒さんそれぞれ有意義に過ごされたようですね。
考えてみれば、ピアノの練習に集中する日がこれだけ続けてあるということもなかなかない機会ですし、コンクールに出場されるような生徒さんや、普段お仕事で忙しくされている大人の生徒さんにとっても練習日よりだったみたいですね。

小学生のころは、1カ月2か月単位で計画を立てるということがなかなか実感としてわきにくいので、周りの大人が計画を手伝う必要性がありますよね。
私もミニカレンダーのアイディア、とってもいいと思います!
2010/05/06(Thu) URL  | まりはん #-[ 編集]
モリスさん
連休中もレッスンをして頂けるなんて、うらやましいです。私の教室は、GWはしっかりお休みなので、、その分、休み中にたっぷり(でもないかな?)練習できましたが。

ミニカレンダーいいアイディアですね。うちの娘も4年生ですが、まだまだ計画性に欠けるので参考にさせて頂きます!
2010/05/07(Fri) URL  | Piro #4.ZEzia.[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

ゴールデンウィークは旅行などへ行かれた生徒さんも、レッスンには来る方が今年は多かったですし、大人の生徒さんは休みだからこそ来る方もいました。

小学生は、週単位、月単位での計画性が見えていない方もいるので、ミニカレンダーを貼ってみました。
はたして、効果はあるでしょうか・・・。



Piroさん、こんばんは。

今年の連休は、普段のほとんど変わらずにレッスンの日々でしたが、自分もそれがペースが乱れないので、かえってやりやすいくらいです。

ミニカレンダーをプリントして弾く曲に貼り付けてみると、週単位でどれくらい仕上げていく必要があるのか、わかりやすいようです。
特に、コンクールや発表会のための仕上げ過程では、効果があるかもしれません。
2010/05/07(Fri) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。