• 10<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「久しぶりにバッハを再開しようと思うのですが、以前に少し弾いたインヴェンションからやってきていいですか?」
ということで、大人の生徒さんが、アンナマクダレーナからメヌエット1曲とインヴェンションを1曲やってきた。

以前に少し弾いた~というのは、この生徒さんが、ずっと以前に他の指導者さんのところで、アンナマクダレーナとインヴェンションを少しやっていたということであり、自分はこの生徒さんがバッハを弾くのは初めて聴くことになる・・・

生徒さんが弾き始めると、どうも特に左手で次の音がわからなくなることが時々ある。
単に練習不足、楽譜を目で追えていないということもあるのだろうが、この生徒さんはシンプルな曲なら、譜読みはそれほど苦戦する方ではないので、ちょっとバッハに苦手意識があって苦労しているのだろうか。

ただ、少し聴いていると、原因の1つとして、ノン・レガートにこだわり過ぎていることがあるように思える。
メヌエットは、昔に弾いたとすぐにわかるような、当時の指導者の書き込みがたくさん入っているのだが、4分音符はとにかくノン・レガートを徹底のように、音符と音符の間に“V”のブレスのようなものがたくさん入っていて、とにかく切ることを強調した書き込みになっている。
だから、この生徒さんは、何の疑いもなく、そのように弾いているのだが・・・

モリス : ちょっと試しに、左手の4分音符をレガート気味にしてみてください

(生徒さんはレガートで弾くと・・・)
生徒さん: あれ?間違いをほとんどしないで弾けます・・どうしてでしょう?

モリス : ノン・レガートで弾くと、横の響きのつながりが耳に入りにくので、耳も指も次の音を見失ってしまうことがあると思います。
だけど、レガートにすると響きがつながるので、耳が音楽の流れを感じられて、今みたいにちゃんと弾けますよね。

生徒さん: 本当ですね。

モリス : それに、バッハはノン・レガートなんて決まりはないですから、この「V」のブレスみたいな、とにかく切るという書き込みは、忘れてください。

生徒さん: えっ!?バッハのこうした4分音符は、ノン・レガートって、昔は何度も徹底されたような気が・・でも、そうですね。私も、何だかポツポツし過ぎていて、少し変だとは思ってはいたのですが・・

モリス : ノン・レガートでもいいですよ。ただし、横の響きがのラインが感じられないくらいまで切って弾くよりは、レガートに近いくらいの方が弾きやすいですし、横のラインが感じられたら、また短めにしてもいいですし。
校訂楽譜みると、長いレガートの楽譜もあり、細かいアーティキュレーションのものもあり、様々です(いくつかの校訂楽譜を見せる)

生徒さん: なるほど、本当様々ですね・・・。

この生徒さんには、1冊校訂楽譜をお貸しして、それを参考に次回までに弾いてきてもらうことにした。
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

確かにバッハって最初のころはノン・レガートを徹底させられましたが、かといって単に切って弾くだけになっているとそれも注意されました☆
色々決まりなどがあって、それを煩わしく思ったりしたこともあったけど、美しく弾くためなら音楽ってもっと自由にしていいもんじゃないかな~と最近は感じます。
その「美しい」の内容が芸術的であれば・・の話で、それはそれで難しいですが。。
2010/05/29(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
まりはんさん、こんばんは。

バッハ研究が未成熟だった頃の昔の校訂版が影響などもあり、むやみにノン・レガートで弾くようなことが今でもありますが、今はバッハやバロック演奏でも、そうしたことはなくなってきましたよね。
バッハだけに限ったことではないですが、いろいろな楽譜を見たり、演奏を聴いたりして、指導者は勉強することが大事ですので、自分もいつでもそうありたいと思っています。そうすることで、自由度も高い演奏ができるものですよね。
2010/05/30(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。