• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前のレッスンで、

モリス : まだ先だけど、発表会の曲目のことだけれど、一応いくかの曲の候補を考えてみたけれど

生徒さん: 実は、弾きたい曲があって、○○○なのですが・・

モリス : ・・・○○○かぁ・・・

生徒さん: やっぱり、まだ無理ですか?

モリス : いや、無理ではないけれど・・・

という、やりとりがあった。

自分は、生徒さんが弾きたい曲に関しては、基本的には「ノン」とは言わないのだが、今回はさすがに「よし、やろう!」とは即答できなかった。
発表会で弾く曲となると、少し大きめの曲、実力よりも少し上の曲ということでも当然良いのだが、実力よりも結構上の曲となると、やはり不安はある。

期間をかけて練習している段階で、実力が次第に向上して、その曲を弾けるくらいの演奏力に近くなってくることもあるし、予想よりも良い仕上がりになることはあるが、それには生徒さんにかなりの努力をしてもらうことになる。

仕上がるまでの期間を想定するために、この生徒さんよりは少し実力が上の別の生徒さんに、○○○の曲の仕上げに、どれくらいかかったのか参考程度に確認してみると・・・約2ヶ月と少し
ということは、この生徒さんでは、3ヶ月くらいはかかるかもしれない。ただ、やる時は結構がんばるという姿は、これまでにも何度か見ているので、仕上がる可能性はあるようにも思える。

そこで、次のレッスンの時に、少し条件をつけてみた。
1つは、希望曲が、人前で弾けるくらいの出来に仕上がらなかった時のために、モリス提案の曲(一般に言う保険の曲)を並行して練習すること。
もう1つは、希望曲に傾向が似ている小品を、どんどん仕上げること。これは、この生徒さんが希望する曲のような曲については、これまでほとんど弾いていないため、耳やテクニック、ペダルの使い方なども習得してもらうねらいもある。

この条件だと、練習量も多くなるので大変だと思うが、それでもこの生徒さんはやるというので、OKを出したが、さてまず1ヶ月でどの程度のカタチになるのだろうか。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんにちは

考え込んでてしまいました。
実力よりも結構上の曲に挑戦した場合、案外うまくいった場合とやっぱりという結果に終わってしまった場合、どこで違いが出てくるのか、把握しておきたいです。今後のレポートも楽しみにしています。
(というのは、私の今度披露するあの曲が該当するので)


本人がどの程度の仕上がりを期待しているのか、どの場で発表するのかも要因になってっくるのでしょうね。
2010/06/19(Sat) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
こんばんは。

私も考えてしまいました☆
実力よりかなり上の曲となると、生徒さん本人の努力にかなり左右されるということがよくわかるので・・。
私も今、かなりの挑戦中なのでドキリとしました。
私の場合は、先生も最初からその曲に照準を当ててらっしゃるので一本勝負です。(保険をする余裕もないですし)

また、人前で弾く時にぎりぎりの仕上がりだと余計に不安要素になってしまいますよね☆

モリスさん提案の曲も並行して練習できる力が生徒さんにもあるということなので、きっと希望の曲を仕上げてくれそうな気がします。続編楽しみにしています。
2010/06/19(Sat) URL  | まりはん #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

実力よりも結構上の曲の場合には、テクニック的に克服する必要がある部分もありますし、音楽をどのように把握するのかも含めて、練習の密度や仕上がりまでの計画性も大事ですよね。
この生徒さんの場合には、その曲を弾きたいという意欲は高いのですが、譜読みを開始したら実際にはどうなるのかは、現段階では未知数なので、自分も今後が楽しみ(不安?)です・・・・そのための、保険曲でもありますが。



まりはんさん、こんばんは。

おっしゃるように、生徒さんがどれだけ練習するのかの努力によって、結果はかなり違いますよね。
ただ、練習量だけの努力にならないように、うまくモチベーションアップやテクニック的な手助けなどの上手な指導ができれば、上手くいくことが多いように思います。

まりはんさんは、保険曲も無しとは凄いです!
自分は、昔の試験などの時には、3曲4曲も弾いて1曲を選んだりと、保険だらけでした・・・。
2010/06/20(Sun) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。