• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生の生徒さんが、連弾でブラームスかシューベルトを希望しているので、自分がセコンドをやって、発表会の時にでも披露、と思っていたが、考えてみると同程度の実力の生徒さんがいるので、セコンドはその生徒さんに弾いてもらおうと考えた。

そして、曲目は一応有名定番曲からということで、候補としてはブラームスのハンガリー舞曲から、1番、2番、5番と候補ということにして、2人の生徒さんに軽く譜読みやCDを聴いてもらい、後日決めることにしたが、実際に生徒さん同士で合わせる機会というのは、おそらくとても少なく、もし発表会で弾くとしても、合わせは2回、多くて3回くらいしかないのではないかと思うので、やるのであれば、早めに1曲に絞ったほうがいいかもしれない。

だから、1曲に絞ってから、生徒さんがだいたい弾けるようになった時点で、自分が個々の生徒さんと合わせて、だいたいの感じをつかんでもらうのだが、自分は、連弾曲の定番とも言えるようなシューベルトやブラームスやドボルジャークのドビュッシーなどの連弾作品でも、意外にも弾いていない曲はあり、ブラームスのハンガリーも、譜読み程度の遊び弾きをした曲でも、ほとんどがセコンドで弾いているので、プリモは実質初めてという曲も多い。

今回候補の3曲も、プリモはメロディーはだいたい知っているし、ピアノ独奏版(ブラームス自身の編曲)も譜読み程度には弾いたことがあるので、譜読みとしては楽だった。
だが、連弾のプリモは、どの曲もしっかりと弾いたことは無かったので、思っていたイメージと楽譜から受ける印象が少し違っていたり、隅々まできっちりと弾いてみると、セコンドでは特に難しさを感じない箇所で、プリモから見ると合わせにくいような、合わそうと変に意識するとかえって合わない箇所があることが、実感として理解できたりと、勉強になる。

自分は好みとしては1番が好きだが・・・5番がやりやすいだろうか。
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは

私も1番好きです。(セコンドの視点からみると、底のほうから曲を従えているような感があってセコンド冥利かなっと思ったりします。プリモもそれに乗ってきらきら輝けて良いですね。)

発表会に向けてのレッスン記事、期待しています。
2010/09/03(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
こんばんは!モリスさん

発表会などで生徒さん達のペアの連弾で聴きごたえのある曲があるとかっこいいなあ~と思います。
生徒&先生だと、どうしても先生が補助してるような印象を与えるような気がするのですが(全然そうではないこともあるのですが)生徒さん達だと、「デュオ」という印象をはっきり客席にアピールできるし、生徒さん達も自信につながるので私は好きです。

発表会に向けてのレッスン記事も、楽しみにしています♪



2010/09/03(Fri) URL  | まりはん #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

1番いいですよね。
おっしゃるように、セコンドのメロディーと支えに、プリモがうまく乗ってくるとアンサンブルやっている感じが楽しい曲だと思います。
ただ、5番などに比べると、自分のところの生徒さんは、それほど連弾慣れしていないので、やはり1番は少し難しいかもしれません。



まりはんさん、こんばんは。

生徒さんの連弾ペアの演奏が素晴らしいと、発表会も盛り上がりますよね。
自分は、連弾に関しては例年準備が遅れてしまって、1ヶ月くらいでの急造連弾になってしまうことも結構あります・・・。
それでも、今回は実力のある程度ある生徒さん同士の連弾ペアもつくったので、がんばってやってくれると思っています。
2010/09/04(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。