• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学生ブラームス連弾の続きを。

AさんとBさんの日程調整をして、初合わせをやってみることに。
お互いに顔を少し知っている程度で、会話をしたことは無いから、最初は多少の緊張感があると思うので、少し遅めのテンポで冒頭から取り敢えずは弾いてみることに。

想像していたよりも、意外に曲らしくなっていると言ったいいのか、初回にしては悪くない感じに聴こえたが、どちらかというとプリモのAさんの方にやや硬さがあるようで、Bさんはいい拍子感でいつもどおりに近い状態で弾けているようだ。
自分は、Aさんに、
「初回だから、合わせようなどと思わず、いつもの演奏をしてみよう。遠慮して慎重になる必要もないから」
とアドヴァイスをしてみる。

一度全体を通したので、部分に分けて合わせてみたり、ritからa tempoが何度か続くところや、テンポが変化する箇所に入る時のタイミングなどを少しずつ合わせてみるが、そうしたところはやはりすぐには上手く合わないところもあるが、部分的にあわせたり、何度かタイミングなどを確認しながら弾いているうちに、Aさんは硬さも次第に無くなり、いつもの状態くらいで弾けるようになってくると・・・

どうも、Bさんがもたつくような感じが、少々気になる。

いや、本当はBさんはもたついているというほどではなく、だいたい正確なテンポで弾いているのだが、Aさんはフレーズの上昇系やデュナーミクなどの音楽の流れにのって躍動感があり、加速感と減速感を上手い感じに弾いたり、場合によっては正確な拍よりも、リズムを詰めたように少しシャープに出て弾いている箇所もあるので、Bさんが遅れてもたついているように聴こえる。

自分は、事前に2人と個別に何度か合わせ練習をしていたので、これは少しは予想できていたのだが、Bさんがここまでもたついているように聴こえるとは、思っていなかった。

個別合わせをしている時も、Aさんの弾き方は音楽には乗っているが、AさんがBさんと合わせるということを考えると、もう少し安定性があった方が良いとは思っていた。
だが、Aさんの弾き方に、自分は合わせるのは結構容易であり・・・つまり、Aさんのテンポが少し動くような拍感や音楽の流れに、自分もやりたいことは少し似ているので、自分がセコンドをやった場合には、合わせるというよりも、個別に弾いているのに、上手く連弾演奏として成り立つような感じなのだが、普通に連弾の合わせということを考えた時には、BさんとしてはAさんの演奏には、少し合わせにくさはあるのだろう。

この場合、セコンドBさんの正確な拍子感に、Aさんがもう少し意識して合わせて弾くという方法も考えられるが、音楽としてはやはりどちらかというと、Aさんの演奏寄りに仕上げた方が良いように思われるし、おそらくAさんがBさんに合わそうとすると、持ち味の躍動感も失われてしまう恐れもあるので、ここはBさんに、
「もう少し前に前に行くような感じで」
という指示をしてみると同時に、Bさんも左手のバスをもう少し効かせてAさんに意識させすような弾き方をすると、Aさんが躍動を通り越して勝手なテンポ感になるのを防ぎながらも、連弾としての一体感も出てくるので、この日はそうしたレッスンを進めてみたが・・・

初回では連弾演奏というところまではいけなかったが、個々の課題、そして2人でタイミングを合わせる箇所の課題などもはっきりとしたという意味では収穫はあったので、また次回の合わせで良くしていきたい(おそらく、もう少し続く・・)
コメント
この記事へのコメント
モリスさん こんばんは

なるほど。個性、感性の違いがある二人で一つの曲を仕上げていく難しさと楽しさが伝わってきました。良い方向へ進展しそうで続きが楽しみです。

ところで、最近、私ひとりでも記事のような経験をしました。
バッハのフーガの間奏部分(右手ソプラノ16分音符 左手アルト/バス 8分音符)を弾いていいて、なんだかちぐはく感があり、原因は個々のフレーズが勝手に進行してしまい、右手ソプラノと左手アルト/バスのうたい方が迎合していなかった。
まさに、

>この場合、セコンドBさんの正確な拍子感に、Aさんがもう少し意識して合わせて弾くという方法も考えられるが、音楽としてはやはりどちらかというと、Aさんの演奏寄りに仕上げた方が良いように思われるし、おそらくAさんがBさんに合わそうとすると、持ち味の躍動感も失われてしまう恐れもあるので、

の状態で、右手(Aさん)に左手(Bさん)を合わせてみると改善されました。
横と縦を同時に聴く訓練がまだまだ必要だなあと感じました。
2010/10/01(Fri) URL  | イヴォンヌ #-[ 編集]
イヴォンヌさん、こんばんは。

個性や感性の違いというものを、2人の連弾のレッスンをしていて本当に感じます。
特に、リズムの感じ方というか、拍に入ったと思った瞬間に音が出ているAさんと、その直後に音が出るBさんの僅かな違いは、数回の合わせではどうしてもあるように思いますが、それでもこれからが楽しみです。

そうですね、おっしゃるように、個性というのは独りで演奏していても、左右の手は別個に、または声部によって別個にあるようにも思いますので、イヴォンヌさんもそれを感じながら弾かれていて、流石だと思います。
2010/10/02(Sat) URL  | モリス #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。