• 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザウターをご存知の方は、最近では以前よりは多いだろうか。

ドイツのメーカーというと、スタインウェイやベヒシュタインなどがすぐに思い浮かぶと思うが、ザウターは歴史的にはそれらのメーカーにも全く引けをとらない老舗。
しかも、ピアノの個性という意味では、ザウターはかなりの個性派ピアノではないだろうか。

と、その前に、例えば、こんな記述を見かけることがある・・・
「ヨーロッパのピアノは、それぞれのブランドの個性があり・・・」
というようなもので、よく輸入ピアノを専門、または輸入ピアノを主力商品として扱っているピアノ店のサイトやパンフレット、チラシ等でよく見かける表現であり、つまりは、ヨーロッパピアノの方が、日本ピアノよりも優れていて、なおかつ個性もあると言いたいのだろう。

売り手の論理というか、宣伝文句としてはいいと思うし、一瞬誰でも納得してしまいそうな表現だが、これは全面的に納得というわけにもいかない。
ヨーローッパピアノと一口で言っても、グランドピアノだって中級機種以下は、だいたいがアジアで製造していて、ほとんど同じ製品が、ブランド名だけが違うなんてことも、今では珍しく無くなってしまった。

そこまではいかなくても、半分以上をアジア製造で、あとはヨーロッパに運んで残りを組み立てて完成なんてのも、当然となった現代では、ドイツ製、チェコ製なんて言われても、実体はよくわからない・・・
さらには、ハンマーや弦なども、似たような部品を使っていたりして、タッチ感も音も、弾いてみると、実は個性と呼ぶにはほど遠かったりもする・・・

それでも、ピアノづくりの思想、設計、最終的な調整まで、そのピアノメーカーの意志がしっかりあるのであれば、アジアでつくっていても良い物は良いだろうし、問題ないとは思うが、このあたりは買う側はよく調べる必要がある・・・

さて、ザウターだが、グランドピアノは新品もショールームで何度か、そしてある程度年代の経ったものもミニホールで弾いたことがある。
新品のザウターだが、まず何と言っても独特のタッチ感が印象的。
これは、必ずしも弾きやすいとか、コントロールしやすいとかいうタイプのタッチ感ではなく、初めて弾く人なら、少しとまどうようなタッチ感。
この独特のタッチ感は、少し弾いていると癖になるというか、好きになる人と、そうでない人に分かれそうだ。
音は、分離感がよくて一本筋の通っている感じで、明るめではあるがキンキンとした派手さはないので、聴きやすい。

年代を経たザウターは、さすがにかなり落ち着いた音色ではあるが、枯れているというような音ではなく好印象。
数十年使い込んでも、このような状態であるのであれば、これはいいかもしれない。

ちなみに、ザウターはアップライトピアノのラインナップも充実していて、こちらも「カクン」というような、タッチ感が面白いのだが、好みは分かれそう。
音は、背がそれほど高くないアップライトでも、薄っぺらいようなペンペンとした音になるようなことはないので、ある程度予算はあるが、アップライトピアノを置きたいという人には、有力な選択肢だと思う。
現在使っているピアノは、音の傾向としては、一筋に通った音でもあり透明感もあるし鳴らすこともできるが、派手だったり華麗といったような傾向ではなく、言ってみれば現代のピアノの流行の音からは、少し離れているかもしれない。
また、タッチ感もどちかというと少し重めでしっかりとしていて、これも現代のピアノの傾向というか、流行からは少し遠い。

これは買った当時に完全に自分の好みで選んだピアノであるし、今でもこれはとても気に入っているピアノである。
しかも、いろいろなピアノのショールームやお店、公共のホールやミニホール、練習室などでいろいろなピアノに出会ったいるが、それでもとてもよく調整された自分のピアノは、それらの一流ピアノと遜色無い質の音を出してくれていると、思っている。

さて・・・では、このピアノの隣に置くのであれば、いったいどんなピアノがいいのだろうか・・・
考え方の方向性は、いくつかあるかもしれないが、自分ひとりが弾くのではなく、「生徒さんのレッスン」という仕事ということを考えると、いまあるピアノと、明らかに傾向の異なるピアノを横に置いて、その両方の違いと楽しみたいと思う。

つまり、音は透明感もありつつも、いくらか華やかさがあり、重厚感やパワーも出せるといいし、タッチ感はどちらかというと軽快な弾きやすさ・・・というような傾向のピアノであって欲しい。

そのようなことを具体的思ったのは昨年の夏くらいからだったが、もう1台のピアノ候補という意味でのお店やショールーム周りというのは、もうこの6,7年くらいは関東を中心にかなり回った。
さらに、ショールームなどで出会うピアノは、当然ながら新品でよく調整された状態のものが多いので、経年変化がわかりにくいということも考えて、公共施設などで出会うピアノについても、弾く機会があるたびにチェックをするようにしてきたが・・・
ピアノという楽器を、練習として、そしてレッスンの仕事として日常使っているということは・・・たとえ、長年使えるとしても、おそらく一般に思われているほどは、長期間は使えないとは、思っている。

それをふまえた上で、このあたりで7年ほどかけたピアノ選定の1つ結果を出してみたいと思っている。

狙い目は・・・ドイツメーカーのB社の第2ブランド。
以前に開催したレッスン会でも弾く機会があったが、このピアノだと理想に近い感じ。
とは思っていたものの、ここ数年での値上がりはかなりすごい。
で、ドイツメーカーの第3ブランドのH・・・これも音と値段ということを考えると有力な選択肢だろうか・・まあ、これはドイツ製ではなくて、チェコ製ってことなのだろう(半分以上はアジアで作られて、仕上げのみチェコってことみたいだが)

でもそうなると、純粋にチェコ製と言われるチェコメーカーP社のピアノ。数カ所のお店で弾いたところ、これが結構いいので、候補の1つだろう。タッチ感もナチュラルというか、ニュートラルというか、それほど癖もない。
たしか、知っている方でグランドを持っていた方がいて、低音などがとても気に入っているという話も聞いた。
ただ、うわさでは、個体差は大きいと聞いていて、調律師さんの手に入れ方次第という話も聞くので、そこが少し気になる。
総輸入元が新しくなってからのショールームは行ったことがないので、機会があれば時間をつくって弾きにいきたい。

ドイツの老舗メーカーS社のピアノ。
これは玄人受けするピアノというイメージ。たしかアップライトを持っている方が知っている方にいたはず・・・
音も独特だけど、タッチ感も独特。
面白いし、個人的には好きなのだが、弾くのは自分だけでなく、生徒さんということも考えると、今回は選択肢に入らないか・・・

日本メーカーK社のピアノ。
グランドは2種類の系統をだしているが、上位機種シリーズの質はかなり高いと思う。
モデルチェンジしてからのも弾いてみたが、音の質のグレードの高さは、昔の日本のピアノには無かったような感じさえする。
生徒さんが弾くとどうなのか・・・おそらく、うまくなった気分になって、いいのか悪いのか・・・
もう1つのスタンダードのシリーズは、選択肢に入らないだろう。

日本メーカーD社のピアノ。
数種類のグランドを作っているのが面白い。
地味なタイプもあれば、透明感のある機種もあり、さらには注文で好みの感じにつくってくれたりもするとのこと。
タッチ感はやや重めで、生徒さんにはどうだろうか・・・

などが、だいたいの選択肢。
さて、どうやって絞っていこうか・・・
前回のつづきを・・・

迎えた本番当日、まずはリハーサルの演奏。
・・・硬い。
全体的に、うわついたタッチで、しかも流れていかないので、とても硬い演奏に感じる。
こんなことは、この曲を練習してきた3ヶ月間、一度もなかった現象だ。
それだけ緊張で体が思うように動かない状態になっているということなのだろう・・・だが、ここまで変わってしまうというのも、少し珍しいくらいかもしれない。

そして、迎えた本番の演奏。
・・・う~ん・・・やはり硬い。
印象的なアレグレットテンポのメロディーも、硬いので流れが感じられないし、さらにミスが多く、そのたびに動揺しているのがわかるほどの緊張感が、聴いている側にも伝わってくるようだ。
さらに、ゆったりとしたテンポで和音の連続で聴かせるメロディーも、単に和音が弾かれているような状態に聴こえてしまって、なんだかもったいない・・・

なんとか、最後までは辿りつけたし、全てが崩れて、演奏が崩壊してしまった、というわけではない。
極度の緊張感の中で、よくやったことは、評価できる点だと思う。

しかし、普段と全然違う演奏にならずに、もう少し踏みとどまるには、緊張感の中でももう少し演奏できるためには、何が必要なのか、どのように練習してもらえばいいのか、どのように指導するのか・・・課題が多くの残った。

◎選曲は、これで本当に良かったのか・・・実力に対して上過ぎないか、また曲想や含まれるテクニックなどは生徒さんに合っていたのか・・・
◎普段から緊張感の中で弾く練習・・・これはもっと取り入れてもらうように、指導するところだろう・・・
◎実力の底上げが不可欠・・・やはり当日聴いていて思ったのが、崩れても踏みとどまるためには、実力そのものを上げるしかないということ。当然なのだが、底力があれば、極度の緊張で体が動かない状態だとしても、もう少し演奏も違ってくるのでないだろうか・・・

そんなことを考えされられた、発表会だった。
今更ながら、昨年の発表会を軽く振り返ってみようと思う。
発表会は人前での演奏の機会でもあるので、選曲ににも時間をかけるし、練習にも長めの期間をかける。
コンクールや学校での演奏も大事ではあるが、大きめの曲に挑戦もできたり、好みの曲2曲にしたりと選曲でも工夫ができて、より練習期間をかけられる発表会での演奏が、何と言っても重要であると思っている。

さて、その昨年の発表会で、いろいろな収穫もあり、感心することもあり、達成感もあり・・・ではあるが、今回は、少し残念だった方の話を。

本番の演奏は、当然ながら1度しかない。
だから、自分としては、生徒さんの演奏が、練習をしっかりと積み重ねていてちゃんと仕上がっていれば、本番は多少のミスがあったり、崩れ気味になったとしても、あまり気にならない。
そして、多く場合、しっかりと仕上がっていれば、崩れそうになっても、ぎりぎり踏ん張れるものでもある。

なのだが、今回は、さすがに気になったというか、
「どうしちゃったんだろう・・・」
と思う生徒さんがいた。

選曲から譜読み段階、そして仕上げていく過程から本番直前までの仕上げなどの3ヶ月半は、だいたい順調だったと思う。この生徒さんにとっては、普段練習している曲よりも少し難しく、実力ぎりぎりだとは思って選曲したし、こういうタイプの近現代曲も初めてなので、おそらく生徒さん本人よりも、指導する自分モリスには不安はあった。

だが、期間はすこしかかったが、ほとんど自力で譜読みをすることができたし、テクニック的に難しい箇所も、毎週のレッスンを重ねるたびに改善されていった。
そして何よりも、曲想をうまくとられることがこの1年半くらいでかなりできるうようになり、こうした初めて出会うようなタイプの曲でも、しっかりと対応して生徒さんなりの音楽性を持って弾けるようになってきたのだと、本番直前には、感心することもあった。

こうして迎えた発表会の本番当日・・・(次回につづく)
同じくらいの実力で、教本も同じくらいの箇所をやっている・・・と思っていた生徒さん2人が、気がつけば、半年で2倍以上の進行の差となっていることは、ピアノでは珍しくもない。

2倍どころか、10倍、20倍以上の違いになるのは、ピアノならではなのかもしれないが、他人との差や違いなどはあまり気にしないタイプだと思っていた生徒さんでも、小学校の3年、4年くらいになってくると、そういうことに、敏感にもなってくるもで、コンクールや発表会など、人前での演奏で、実力差を感じて、気にするのかもしれないし、レッスンでも時々そういう言動が生徒さんにも見られると、指導者である自分は、その気持ちを、うまく上達へと導きたいが・・・

2倍以上のペースの差というのは、日頃の練習でも、2倍以上の練習の差であるのだから、その現実を改善しないと、追いつくどころか、差は広がる一方だろう。

毎日の練習が、2倍の差・・・これは、単に練習時間の差ではなく、同じ1時間の練習でも、譜読み、理解、弾く、改善といったピアノを弾く脳と動作のサイクルの速さが、2倍の差があるということだろう。
だから、同じ時間練習しても、短時間で出来る人と、時間のかかる人がいるわけだが・・・

きっと、この初級の段階で、練習の効率を良くして、なんとか短時間の練習でもいいペースで進むように・・・というのは、難しいのだろう。
と思っていたところに、ピアノとは全然無関係の分野の人と話をする機会があって、その人は、日々の仕事に関して、
「やはり、同じ時間内で出来ない人は、能力に差がある、能力が無いからできないとあきらめる前に、他人の2倍の時間をかけてやってみる。
それを続けてもできないのであれば、きっとできないことなのだろうが、それをやらないで、言い訳をしている場合ではない」
のような話があり・・・本当にそうだと思った。

ピアノでも、初級~中級の生徒さんで、進行が遅い人は、やはり量をやってみることが必要。
量を弾けば譜読みも早くなり、テクニックも向上して、演奏力もついてくる。
そしてさらに上達すると、同じ1時間でも、できる量が増えるので、曲数も持っても大丈夫になるし、できないのであれば、もう少し時間をかけて弾こうという意識もできて、つまりは好循環をつくれる。

効率のいい練習というのは、その後の話であって、できないのであれば、練習の量、回数、これはある程度は必要。
ここを今年は少し重視して、新しい年のスタートとしたい。
自分は、普段の食事は、どちらかというと「量より質」なのかもしれない。
腹いっぱいに食べたいというほどでもなく、美味しいものが普通にあれば十分というところ。
事実、外食に行っても、
「もうそれで、お腹いっぱいなんですか?」
などと言われることも多い。

ピアノの練習も、「量より質」というのは、たぶん正解だろう。
だらだらと時間だけ過ぎていくような譜読みをしたり、集中力の欠いたテクニック練習を繰り返しても、効率は良くないだろう。

だが、昨年の1年間を過ぎて思うのは、当然ながら練習は量も必要だということ。
しかも、それは初級~中級程度の生徒さんに関しては、可能であれば、量をかなりこなしたほうが良さそうだ。

それは単に、毎日の練習時間ということだけではなく、どれだけのペースで進めていけるのか、ということにも関連している。
教本などが進むのが早いペースが、=(イコール)演奏力、そして総合力が上がったという単純に図式には、ピアノの関してはならないと思うが、ペースの早い生徒さんと遅い生徒さんが、そのまま実力の違いに現れているのも、事実だろう。

考えてみると、半年間で、教本が3冊の人と、1冊とちょっとの人では、半年という時間のなかでこなせた量が、2倍以上違うということ。
仮に、この2人の生徒さんの、毎日の練習時間が1時間ほどで同じくらいだとしても、2倍の進行スピードの違いは、2倍の譜読み量の違いであり、2倍の新しい曲の体験の違いであり・・・と、たくさんの2倍の違いだということ。

そして、これが現実には、2倍どころではなく、10倍、20倍以上の違いとなることは、少なくない。
ここまでの違いになるのは、もしかしたらピアノというもの特有なのかもしれないが・・・
書き溜めたものもあるし、書きたいことも多いのに、ちょっと書けない日々の今年だった・・・けど、まあ書いてます。

さて、今年も終わってみれば、日々のレッスン、コンクール、発表会もあっという間だった。
いつも以上の勉強、準備、気合・・・と思って挑んではいるものの、そんなに簡単に進歩したり、解決したり、演奏が向上したりもしないのが、ピアノという世界。
だからこそ面白いのであり、仕事として続いているだろうと思う。

生徒さんの状況としては、初級~初中級の生徒さんが、「停滞ぎみ」と「著しい進歩」に、少し分かれた1年だったかもしれない。
人間は、ある一時期にポーンと伸びる時があり、それが数名にあった。
これは、その時期に、なにかのきっかけで伸びた、のではなく、その時期に来る前の期間の練習が、実を結んできた結果として、少し加速度的に伸びる時期がくるのだと思う。

つまり、大事なのは、きっかけではなく、日々の練習の積み重ね。
練習の積み重ねがあれば、きっかけは無くても伸びる。
逆に言うと、あることをきっかけに、それだけで伸びることは無いだろう。
素晴らしいコンサートや公開レッスン、日々のレッスンで受けた衝撃は、いいきっかけかもしれないが、それだけでは伸びることはなく、それを受けて練習につなげないと、進歩はない。

だから、レッスンでの反応が良いように見える生徒さんでも、次週のレッスンで演奏が元に戻ってしまっていたら、先週のレッスンを活かせていない・・・
これを、痛感した1年だったとも言える・・・

さて、来年も良い年になりますように。
今年印象に残った演奏会などについて。

最も印象に残ったのは・・・残念ながら、いい意味ではない方向で、古典と近代レパートリーのピアノソロ。

知り合いのピアノ指導者さんに誘われて行ったのだが、自分は当初行く予定をしていなかったので、ぎりぎりに会場に到着。
待ち合わせの席のあたりをうろうろとしていると、声をかけてもらって、なんとか開演前に着席。

息を少し整える時間もなく、ピアニストが登場・・・して、弾き始めたのは、ベートーヴェンのソナタ。
なのだが・・・開始数秒というか、1小節でびっくり?!・・・ベートーヴェンって、こんなに音色も、調性感、何も無いように聴こえる音楽だったか・・・・

それとも、少し早足気味で自分が会場へ来たから、少し耳の調子がいつもと違うのだろうか・・・なんて思いながら聴いていても、演奏はそのままの状態で、
つまりは、何の音の変化もなく、延々と続いて、2楽章、3楽章・・・

ミスが多いというほどでもないし、崩れているというわけでもないが、ここまで何にもない演奏は、久しぶり・・・というか、中学生や高校生のコンクールでも、最近はこんな演奏には出会わないはず。

なんて思っていると、ベートーヴェン終了。
お客さんは、このコンサートの企画の関係者も多いらしく(プログラムを見て、なんとなく知った)、普段あまりピアノの演奏会を聴きに行くという人たちの集まりでも無さそうなので、このベートーヴェンに喜んでいる人も多く見える・・・

が、自分も、誘ってくれた指導者さんも、目を合わせて苦笑。
他のプログラムは、ラフマニノフなどもあったが、まあこれも同じく音に種類が無いというか、音を並べただけ・・・

経歴を見ると、すごく若いいうほどでもないが、まだ若手のピアノ弾き・・・これって、誰か言って上げないと、もうこのままのように思うが・・・
いや、言ってあげて改善できるなら、既にもっとどうにかなっているか・・・仮にも、少し演奏活動しているようでもあるし・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。